TOP > 試合結果 一覧

【DEEP KICK】長谷川海翔がTKOで初防衛、大樹はV2、石田迅が-65kg王者に

フォロー 友だち追加
2023/06/21(水)UP

石田が-65kg第4代王者に

DEEP☆KICK実行委員会
『DEEP☆KICK 66』(3ページ目)

2023年6月18日(日)テクスピア大阪

▼トリプルメインイベント1 DEEP☆KICK-65kg王座決定トーナメント決勝 3分3R 延長1R
●田邉雅弥(Blaze)
TKO 1R 1分29秒 ※レフェリーストップ
〇石田迅(LEGENDGYM)
※石田が-65kg第4代王者に

ボディを打つ石田

 DEEP☆KICK-65kg第4代王者を決めるトーナメント決勝、共にKO勝利で勝ち上がってきた田邉雅弥と石田迅の1戦は試合前からKO決着必至の予想が多かったが、その期待以上ともいえる1R1分29秒というタイムで新王者が決定することとなった。

 1R、高身長の田邉は落ち着いた様子でガードを固めながらジャブにカーフをヒットさせていく。調子も抜群だろう、一つ一つの動作に鋭さが伺える。対する石田はジャブに反応が遅れるシーンが見られるも冷静、自慢のハードパンチを武器に左右のフックでガードの上からでも田邉を揺らす。そして早くも決着の時が訪れる、石田が左右のボディ連打などで田邉を後退させると強烈なオーバーハンドの右フックを強烈クリーンヒット、田邉が後ろに崩れ落ちダウン奪取。ダメージは明らか、なんとか立ち上がる田邉だがふらつきが見える。試合続行となるも石田はチャンスを逃さない、田邉に向かって走っていくと最後も右フックで再びダウンを奪い即座にレフェリーストップ。1R1分29秒という強烈なインパクトを残し石田がDEEP☆KICK-65kg第4代王者のベルトを巻いた。

王座を手にした石田迅

 試合後は大号泣で勝利を噛み締めベルトを巻いた石田、マイクでは「キッズたち見たか!俺取ったぞ!」と同門のジュニアたちにアピールすると「僕もRISEやRIZINに出たい、そしてLEGENDGYMの他の選手たちにも是非注目してほしい」と語った。

 その後、同門のジュニア、そしてセコンドたちの笑顔で撮影を終えた石田。「僕、ヤンキーなんで」と笑いながら話す石田だが王者戴冠まできた実力は本物だろう、この先石田が突っ走るキック街道にも注目だ。

▶︎次ページは足利也真登vs久保田有哉、大石健作vs竹内皇貴

フォロー 友だち追加

●編集部オススメ

・【DEEP KICK】-55kg王者・翔磨が負傷判定で初防衛、KING TSUBASAは-51kg新王者に

・【DEEP KICK】真琴がランキング上位の力也に判定勝ち、石田迅がTKO勝利で-65kg王座T決勝進出

・【DEEP KICK】田邉雅弥が悠YAMATOにTKO勝利!-65kg王座決定T決勝へ進出

・“突然変異体”ボディビルダー、両手足が恐ろしく肥大化!モンスター級の肉体に「これ以上巨大にするの?」の声

・ボクシング世界女王が”トランス女性”の女子部門参加に反対「私の命が危険に」

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

こんな記事も読まれています
」をもっと見る

TOP > 試合結果 一覧