TOP > 試合結果 一覧

豪快投げで相手の腕が“逆くの字”にグニャリ!「なんて残酷な結末」

フォロー 友だち追加
2023/08/28(月)UP

激痛の表情のエスカレガ、ヒジが逆方向に曲がっている@nacionesmmaより

 8月26日(日本時間27日)にメキシコで開催された総合格闘技イベントNaciones MMA 16』にて、豪快な投げを放った際、相手の腕が逆方向の“くの字に曲がる恐怖のハプニングがあった。ネット上では「なんて残酷な結末」との声が上がった。

【フォト&動画】恐怖ハプニング!着地失敗の腕がグニャリ“くの字”逆方向に

 ライト級マッチのファブリツィオ・エスカレガ(25=メキシコ)vsカルロス・アラナ(31-メキシコ)。無敗のエスカレガが「Lux FL」や「Combate Global」で戦うアラナを相手にキャリア7戦全勝を狙う流れだったが、衝撃的な結末がエスカレガを襲った。

 試合は1R前半、ケージ際の攻防、アラナがエスカレガのバックを奪い、そのまま持ち上げてマットに叩きつけたが、投げられたエスカレガが着地失敗。思わず先にマットについた左腕のヒジがグニャリと“くの字”逆方向に曲がったのだ。

 うつ伏せのままエスカレガは動けず、異変に気づいたレフェリーがすぐに試合を止めた。

 エスカレガの左ヒジの曲がり具合を見ると、脱臼はもちろん、最悪、じん帯断裂や骨折の疑いもある大怪我だろう。

 大会公式が公開したこの映像はすぐに拡散。ネット上では「マジか」「痛すぎる」「なんて残酷な結末だ」などの声が上がった。

 エスカレガはこれでキャリア初の敗戦。長期欠場も予想されるが、早い回復を祈りたい。

Naciones MMA 16
8
26日(日本時間27日)メキシコ・サルティーヨ
ライト級マッチ
ファブリツィオ・エスカレガ(メキシコ)
TKO
 1R134秒 ※ヒジ脱臼により続行不可能
カルロス・アラナ(メキシコ)

▶︎次ページは【フォト&動画】恐怖ハプニング!着地失敗の腕がグニャリ“くの字”逆方向に

  • 1
  • 2
フォロー 友だち追加

●編集部オススメ

・脚が“グニャリ“くの字逆方向に!恐怖の激痛アクシデントに「今まで見た中で最悪の負傷」の声=ロシアMMA

・62歳・角田信朗、ボディビル日本大会で銅メダル! 「懲りないオヤジの挑戦、超戦です」

・“突然変異体”ボディビルダー、両手足が恐ろしく肥大化!モンスター級の肉体に「これ以上巨大にするの?」の声

・歴代最速の“1秒殺”ハイキック失神KOもネットで大炎上に!“グローブタッチなし”の一撃に=米MMA

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

こんな記事も読まれています

関連動画

」をもっと見る

TOP > 試合結果 一覧