TOP > 試合結果 一覧

歴代最速の“1秒殺”ハイキック失神KOもネットで大炎上に!“グローブタッチなし”の一撃に=米MMA

フォロー 友だち追加
2023/07/24(月)UP

衝撃のハイキック!@UFC FIGHT PASSより

 7月21日(日本時間22日)に米国フロリダ州で開催された格闘技イベントTitan FC 83』で衝撃の“1秒殺”KO劇が起きたが、グローブタッチなしで放った一撃だったことにネットが大炎上、物議を呼んでいる。

【フォト&動画】これが歴代最速の”1秒殺”KOだ!相手は失神ダウン

 KOしたのはルイス・ヘルナンデス(26=米国)。ウェルター級MMAマッチのブライアン・トップ(28=米国)との一戦だった。

 ヘルナンデスは21年にプロデビューし2戦全勝。全て初回フィニッシュ(1KO・1一本)で決めている。対するトップは昨年8月にデビューし、キャリア2勝目を狙う。

 試合は開始すぐ、ヘルナンデスがグローブタッチがない状態で、いきなりの左ハイキック!この一撃が首元を捉え、トップは失神ダウン。追撃のヘルナンデスを払い除け、レフェリーが試合を止めた。

 衝撃の瞬殺KOに会場は大歓声だ。放送映像ではタイムカウントは5秒ほど過ぎている状態だが、公式発表は試合時間1秒。団体歴代最速記録だ。ヘルナンデスもこれで3戦全勝、全て初回フィニッシュと素晴らしい結果を残した。

 しかし、この映像が拡散されると、ネット上は物議に。右拳を前に突き出しながら前進し、グローブタッチを行わず、蹴りを放ったヘルナンデスの動きに対し、視聴者から「あれはグローブタッチと見せかけて、その隙を狙った」「フェイクの動きだ」「これはずるい」などと批判の声が。
 その一方で「相手はグローブタッチをしないことはわかっていた素振りだ」「油断する方が悪い」などと擁護する声も上がった。

 この騒動に対しヘルナンデスは自身のSNSにて「私の過去2試合を見てわかると思うが、私は最初から臨戦態勢で前に出て、リードハンドは相手との距離を図るために行っている。相手もすぐに戦う姿勢だったし、自分から手を伸ばしてグローブタッチする素振りもなかった」と、グローブタッチを行わなかった理由を説明した。

 グローブタッチ有無の論争は昔からあり、様々な意見があるが、実際のボクシングや格闘技の試合でも、グローブタッチを行わないことは多い。 ゴングが鳴った瞬間、そこからは戦い。油断は禁物だということだろう。

Titan FC 83』
7月21日(日本時間22日)米国フロリダ州
▼ウェルター級MMAマッチ
○ルイス・ヘルナンデス(米国)
KO 1R1秒 ※左ハイキック
ブライアン・トップ(米国)

▶︎次ページは【フォト&動画】これが歴代最速の”1秒殺”KOだ!相手は失神ダウン

  • 1
  • 2
フォロー 友だち追加

●編集部オススメ

・人気インフルエンサー美女、ボクシング勝利後まさかの“胸出し”に「冒涜だ」の声

・壮絶な5秒殺KO!グローブタッチの隙を狙う相手に反撃のハイキック

・ヒジ脱臼の激痛アクシデント!女子選手が絶叫、腕が“くの字”逆方向に

・“金的カップ”がポロリと落下!不用意な選手を襲った悲劇とは…

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

こんな記事も読まれています

関連動画

関連記事

」をもっと見る

TOP > 試合結果 一覧