TOP > 試合結果 一覧

【GLORY】元K-1王者バダ・ハリ、復帰戦でTKO負け、豪腕パンチ被弾で4度のダウンも

フォロー 友だち追加
2023/10/08(日)UP

4度のダウンを喫しTKO負けしたバダ・ハリ©️GLORY

 10月7日(日本時間8日)にブルガリアにて開催された格闘技イベント『GLORY 89』のヘビー級GP予選マッチにて、元K-1ヘビー級世界王者のバダ・ハリ(38=モロッコ)がウク・ユルジェンダル(34=エストニア)に2回TKO負け。相手の豪腕パンチで4度のダウンを奪われ、復帰戦を白星で飾ることは出来なかった。

【動画】バダ・ハリ、宙に浮く壮絶ダウンの瞬間!

 バダ・ハリは昨年10月にアリスター・オーフレイムと対戦し、2度のダウンを奪われて判定負けしたが、その後にアリスターがドーピング検査で陽性反応。試合は無効試合となった。アリスター戦後のリング上で引退を示唆する発言をしたが復帰を決意。先月の『GLORY88』でジェームズ・マクスウィーニーと対戦する予定だったが、大会前日に起きたモロッコ大地震を受けて当日に欠場を発表。二転三転の中で今回の試合を迎えた。

 対するユルジェンダルは今年5月の前戦で初回KO勝利を収めたGLORYヘビー級9位の実力者。ムキムキのマッスルボディから放たれる豪腕パンチが武器だ。通算19勝(15KO)8敗。

 1R、序盤からユルジェンダルがバダ・ハリの前足にカーフキックを連発も、気にする素振りなくバダ・ハリは強い圧力で前進、ユルジェンダルを下がらせる。しかし、残り20数秒、バダ・ハリの左ミドルのタイミングに合わせ、ユルジェンダルの豪快な右カウンターが炸裂!

 バダ・ハリが大きくダウン、カウント内に立ち上がるも、ユルジェンダルのラッシュを浴び2度目のダウン。立ち上がるも、ゴングに救われる。

 2R、明らかにダメージが残る様子のバダ・ハリ。開始すぐにユルジェンダルの右が再びヒットし、崩れるようにダウン。カウント内に立ち上がり、ユルジェンダルとの足を止めての打ち合いを演じるも、突如、苦悶の表情。負傷したのか、左足を引きずながら離れると、これをレフェリーがダウンと判断。合計4度のダウンでTKO負けとなった。

GLORY 89
10
7日(日本時間8日)ブルガリア
ヘビー級GP予選マッチ
バダ・ハリ(モロッコ)
TKO 2R47
秒 ※合計4ダウンにより
ウク・ユルジェンダル(エストニア)

▶︎次ページは【動画】バダ・ハリ、宙に浮く壮絶ダウンの瞬間!

  • 1
  • 2
フォロー 友だち追加

●編集部オススメ

・【GLORY】元K-1王者バダ・ハリ、復帰戦で計量パス、エストニア強豪とバチバチ睨み合い=10.8

・【GLORY】元K-1世界王者バダ・ハリ、試合を当日キャンセル、祖国のモロッコ大地震を受けて

・米国で素手ボクシング惨敗の女子選手、歯が吹き飛ぶ“顔面崩壊”に「なぜセコンドは止めなかった…」ファン悲鳴

・【ONE】青木真也、グラップリング戦で一本負け、世界王者ムスメシの“アオキロック”にタップ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

こんな記事も読まれています
」をもっと見る

TOP > 試合結果 一覧