TOP > 試合結果 一覧

【シュートボクシング】奧山貴大がOFGマッチでS-BATTLE王者に衝撃TKO勝ち

フォロー 友だち追加
2023/11/20(月)UP

青谷秋未(右)をパンチ連打でKOした奥山(左)

シュートボクシング協会/GSB
『SHOOTBOXING 2023 YOUNG CAESER CUP CENTRAL #33/MAX FC “DEAD or ALIVE 07”』
2023年11月19日(日)愛知・ホテル勝川

▼メインイベント(第9試合) 68.0kg契約 オープンフィンガーグローブマッチ エキスパートクラス特別ルール 3分3R延長無制限R
〇奧山貴大(NEXSPORTS/GSB/SB日本ウェルター級王者)
TKO 2R 1分27秒 ※パンチ連打
●青谷秋未(健明館/正道会館豊橋/S-BATTLEミドル級王者)

 奧山は長らくSB日本ウェルター級トップ戦線で活躍し、昨年6月のSB日本ウェルター級王座決定戦で村田義光と対決。奥山は柔道仕込みの大腰で2度のシュートポイントを奪うなどで差を付けて念願の王座を獲得した。前戦となった5月には、MAXFCランカーのチェ・ヒョンソクと対戦し、3度ダウンを奪う大差を付けて判定勝ちしている。

 対する青谷は重戦車のようなじりじりとプレッシャーをかけて前進し、相手を削っていくタフファイター。今年6月のSBで村田義光と激闘を繰り広げ、今回は2度目のSB参戦となる。

 1R、奥山が鋭い左ジャブを伸ばし、右カーフキック。青谷は頭を振りながら、左フックやジャブを放つ。奥山が左右フックからアッパーを放ち、近距離に。青谷はやや被弾したが、左フックをリターンする。

 2R、勢いに乗る奥山が強烈なパンチを立て続けにヒット、ヒザ蹴りを顔面へ突き上げて最初のダウンを奪う。青谷は左右フックを放つが、パンチを交わす奥山は左右連打、ストレートの嵐!ヒザ蹴り2発も顔面に当てて、2度目のダウンを奪う。最後はパンチ連打、左右フック、ストレートが立て続けに入ったところで、レフェリーが試合をストップ。奥山が衝撃KO勝ちで、メインイベントを締めた。

 マイクを持った奥山は「初めてのOFGということでだいぶ緊張しました。KOで勝つことが出来て良かったです。ありがとうございます。今日もたくさんの方が応援に来てくれて、力になりました。気を付けてお帰り下さい」と集まったファンに呼びかけた。


JET(右)に判定勝ちした風間(左)

▼第8試合 71.0kg契約 エキスパートクラス特別ルール 3分3R延長無制限R
●JETペットマニーイーグル(タイ/矢場町BASE/元MAXMUAYTHAIミドル級王者)
判定0-3 ※28-30、28-30、28-29
〇風間大輝(橋本道場/SB日本スーパーウェルター級3位)

 JETは名古屋在住のムエタイファイターで、元MAXMUAYTHAIミドル級王者。長身から繰り出されるミドルキック、クリンチワークを武器とする。対する風間は、RYOTAROに敗北して以来の再起戦となる。

 1R、風間が与座キック(奥足への前蹴り)や右カーフキックを積極的に出す。JETがヒジ打ちを放ってしまい、警告が与えられる。風間は左ボディフック、JETは右ミドルを放つ。

 2R、JETが右ハイキック、一方の風間は右ローを多用する。JETが前蹴り、ワンツーを伸ばすと、風間は三日月蹴り。すると、風間が前方への投げでシュートポイント1を獲得。

 3R、JETが左右のミドルキックを強打、組んでのヒザ蹴りを見舞う。対して、JETの組みには投げを狙う風間。JETが右のテンカオを放つが、風間が首投げでシュートポイントを追加する。JETは淡々と首相撲からのヒザ蹴りを当て続けていった。ジャッジは1者がドローと付けるも、二者が風間を支持。風間が判定勝利を収めた。

▶︎次ページは、金ちゃんvsドン冷え貴哉、土井涼雅vs辰樹、小林大樹vs羽田翔太

フォロー 友だち追加

●編集部オススメ

・【シュートボクシング】海人がマサロ・グランダーを初回KO!衝撃ヒザ蹴りで粉砕

・関根シュレック、ヒジ打ち喰らい「歯が4本折れた」顔面も腫れ上がる=SBヘビー級戦

・【SB】関根シュレックが激闘制し、坂本をバリカンで落武者カットに!2人の生まれた絆に会場拍手

・“大胆コスチューム”SBラウンドガールを卒業の晶羅に花束「9年間 有難う」

・【シュートボクシング】笠原弘希がONEムエタイ強豪を初回KO!剛腕フックでなぎ倒す

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

関連記事

」をもっと見る

TOP > 試合結果 一覧