TOP > 試合結果 一覧

UFCで反則スレスレの危険なボディスラム!受け身とれず“失神KO負け”の衝撃

フォロー
2023/12/04(月)UP

危険なスラムで失神KO劇!(UFC JAPAN公式YouTubeより)

 12月2日(日本時間3日)に米国テキサス州で開催された総合格闘技イベント『UFCファイトナイト』にて、それまで全勝してきた期待の選手が反則スレスレの危険なボディスラム!相手は受け身が取れず失神KO負け。会場が騒然となった衝撃的な結末に視聴者も恐怖した。

【フォト&動画】硬いマットに反則スレスレの危険スラム、全勝選手が“失神KO負け!

 KOしたのはコディ・ブランデージ(29=米国)。ミドル級マッチのザカリー・リース(29=米国)との一戦だった。

 ブランデージはUFC8戦目の強豪。キャリア9勝で7フィニッシュ(5KO・3一本)と高い決定力を誇る。対するリースは今年8月の登竜門イベント『Contender Series』で一本勝ちし、これまで6戦全て初回フィニッシュを飾っていた。UFC初参戦の期待のニューカマーだ。

 開催地テキサス出身とあってリースへの声援も多く、下馬評もリースが有利。しかし試合は驚くべき結果に。

 1R中盤、トップを取ったブランデージに対し、リースが下から三角絞めを仕掛けると、ブランデージがリースを持ち上げて強烈なスラム!

 パウンドで追撃もあってリースは失神。レフェリーストップとなった。ブランデージはリースを頭から垂直にマットに落としていないため、反則ではないが、ギリギリの危険技だ。

 それまで地元出身で無敗のリースの勝利を期待していた会場のファンは騒然。視聴者も「これは受け身取れない」「これはどうやって回避する?」「脳震とう間違いなし」の声が飛んだ。

UFCファイトナイト』
12
2日(日本時間3日)米国テキサス州
ミドル級マッチ
ザカリー・リース(米国)
KO 1R1
49秒 ※スラムパウンド連打
コディ・ブランデージ(米国)

▶︎次ページは【フォト&動画】硬いマットに反則スレスレの危険スラム、全勝選手が“失神KO負け!

  • 1
  • 2
フォロー

●編集部オススメ

・強烈ヒジで“餃子耳”が破裂!恐怖の流血ハプニングに「ホラー映画だ」の声=MMA

・“後頭部ヒジ攻撃”危険すぎる反則!“被害”選手の流血に「永久追放だ」と炎上

・男性MMA選手が人気美女ボクサーを“チョークで失神させる”映像が大炎上!

・米人気ラウンドガール、プロレスで鍛えたボディで雑誌グラビア

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

こんな記事も読まれています

関連動画

関連記事

」をもっと見る

TOP > 試合結果 一覧