TOP > 試合結果 一覧

“危険な目突き”で試合中止!わずか11秒、UFC史上最短記録に“グローブ改良すべき”と怒りの声

フォロー 友だち追加
2024/02/05(月)UP

ヒズリエフの指がムラドフの左目に直撃@espnmmaより

 2月3日(日本時間4日)に開催された総合格闘技イベント『UFC ファイトナイト ラスベガス 85』のミドル級マッチ、アリアシャブ・ヒズリエフvs.マフムート・ムラドフは偶発的なアイポーク(目突き)により、開始わずか11秒で中止に。このUFC史上最短のノーコンテストに対し、「グローブを改良すべき」とファンから怒りの声が上がった。

【フォト&動画】恐怖の“目突き”アクシデント!UFC史上最短のノーコンテスト試合に

 メインイベント第2試合に置かれた注目のミドル級マッチは予期せぬアクシデントで終わった。

 ヒズリエフはロシア・ダゲスタン出身の強豪。22年のUFCデビュー戦で一本勝ちを飾るなど、14戦無敗中。そのヒズリエフがメイウェザーのチーム「TMT」に所属する強敵のムラドフにどのような戦いを見せるかに注目が集まっていた。

 しかし、試合はまさかの11秒で不運な結末に。開始すぐのファーストコンタクト、サウスポーのヒズリエフがワンツーを放った際、開いた前手の指がムラドフの左目に突き刺さったのだ。

 悶絶しながらしゃがみ込むムラドフ。突かれた目は開かないため、ドクターストップ。最終的に偶発的なアイポークによるノーコンテストとなった。

 UFCのオープンフィンガーグローブは拳辺りがあまり丸まっておらず、比較的平らな形状のため、手が開きやすくなっており、これがアイポークを誘発すると以前から指摘があるのだ。
 今回の件について、ファンから「グローブを改良すべき」と怒りの声が多数寄せられた。元UFC世界バンタム級王者のアルジャメイン・スターリングも「アイポークは最悪なアクシデントだ。UFCのグローブを至急改善する必要がある。選手の何人かが失明してから、動くのか?」と批判的なツイートを行った。

 UFC3年前にも大会のメインイベント(レオン・エドワーズvs.ベラル・ムハマッド/213月)が偶発的な目突きによりノーコンテストに終わったことがあるが、今後グローブの改良はあるのか。

▶︎次ページは【フォト&動画】恐怖の“目突き”アクシデント!UFC史上最短のノーコンテスト試合に

  • 1
  • 2
フォロー 友だち追加

●編集部オススメ

・指が目にグサッ!危険すぎる“目突き”アクシデントに「今まで見た中で最悪」と恐怖の声

・素手ボクシングの凄惨なKO劇、流血ボコボコ状態に“レフェリーストップ遅い””殺す気か”と炎上

・【ボクシング】元UFCヘビー級王者ガヌー「ヤバすぎる肉体」と海外メディア、KO期待の声も

・人気マッスルMMA美女ララ、今度はなんと華麗なポールダンス!その身体能力に「存在がアートだ」と驚きの声

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

こんな記事も読まれています

関連動画

関連記事

」をもっと見る

TOP > 試合結果 一覧