TOP > 試合結果 一覧

指が目にグサッ!危険すぎる“目突き”アクシデントに「今まで見た中で最悪」と恐怖の声

フォロー 友だち追加
2024/01/30(火)UP

指が目にグサッ!危険すぎる“目突き”アクシデント@lfa_brasilより

 1月27日(日本時間28日)にブラジル・サンパウロで開催された総合格闘技イベントLFA 175』のバンタム級マッチ、アポロ・ゴメスvsヴィシニウス・ピレスは偶発的なアイポーク(目突き)によりノーコンテスト(無効試合)となった。ピレスの指がグサリとゴメスの目に入り試合続行不可能となったのだ。この危険なアクシデントに「今まで見た中で最悪」と視聴者が恐怖した。

【フォト&動画】今まで見た中で最悪!危険すぎる“目突き”アクシデント

 ゴメスは元UFCライト級王者チャールズ・オリベイラと同じ名門シュートボクセに所属する23歳の若手。キャリア9勝で7フィニッシュ(4KO・3一本)と高い決定力を誇る。対するピレスはブラジリアン柔術ベースで現在7連勝中の実力者だ。

 試合は序盤からスタンド打撃の攻防。ピレスのパンチがクリーンヒットする場面もありピレスがやや優位か。2R、両者がより距離を縮めての打ち合い。すると、ゴメスが放った左ストレートに対し、ピレスがジャブの様に左を放つ。しかし、これは完全に手が開いた状態で、ピレスの指がゴメスの右目に突き刺さった。

 苦悶の表情で金網際で座り込むゴメス。ドクターチェックを受けるが、結局、試合続行不可能と判断され、結果はノーコンテストとなった。

 ゴメスが翌日に自身のSNSで経緯を報告。突かれた右目から出血があり、視力も一時的に低下したとのこと。手術などは行っていないことから大事には至らなかった様だ。

 しかしこの“目突き”シーンには視聴者から恐怖と驚きの反応。「今まで見た中で最悪のアクシデント」「観るだけで痛い」「早い回復を祈る」などの声が上がった。

 ゴメスの早期回復を祈りたい。

▶︎次ページは【フォト&動画】今まで見た中で最悪!危険すぎる“目突き”アクシデント

  • 1
  • 2
フォロー 友だち追加

●編集部オススメ

・“闘犬女子”、怒涛のパンチ連打で相手を秒殺失神!「どう猛すぎる」とファン戦慄

・「これは事故現場だ」とファン悲鳴!“ゾンビ女子”が顔面流血と奮闘も、最後は無慈悲なチョーク葬

・これは危険、関節技の相手に反則の顔面蹴りで一発失格!=米国女子MMA

・前代未聞!大会で2度も激痛ローキック自爆アクシデント、史上最速TKO記録も=海外MMA

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

こんな記事も読まれています

関連動画

関連記事

」をもっと見る

TOP > 試合結果 一覧