TOP > 試合結果 一覧

【Road to UFC】修斗世界王者・安藤達也が初戦敗退、中国ストライカーの強打にダウンも=試合結果

フォロー 友だち追加
2024/05/18(土)UP

修斗世界王者・安藤達也が初戦敗退©️UFC

 5月18日(土)中国UFCパフォーマンス・インスティチュート上海で開催された『ROAD TO UFC SEASON3 エピソード1&2』のフェザー級トーナメント1回戦にて、修斗バンタム級世界王者の安藤達也(34=フリー)がズー・カンジエ(28=中国)に判定3-0で敗北。カンジエの破壊力ある打撃にダウンするなどし、トーナメント初戦で姿を消した。

【動画】安藤がビッグヒットでダウンも、必死に相手の猛攻を凌ぐ

 安藤は全日本レスリング選手権2位などの実績をベースにする、修斗バンタム級世界王者。22年3月の同タイトルマッチで、当時の王者の岡田遼に挑戦。2回TKO勝利で新王者に輝いた。その後、防衛戦は行なっていないが、昨年3月にONE初参戦し、イラン強豪アリ・モタメドに逆転KO勝利を飾った。今回は階級上フェザーでの挑戦だ。

 対するカンジエはキャリア18勝で12KOのストライカーだ。

 1R、安藤がノーガードから走り込むながらワンツーを放つと、カンジエはバックステックでかわし、逆に左フックを当て安藤がぐらつく。不用意に飛び込む安藤に対し、カンジエがさらに右フックをヒット。その後もカンジエのクリーンヒットを何度も貰うも、安藤は前にで続ける。残り20秒、カンジエのワンツーで安藤はダウン、カンジエが怒涛ラッシュに安藤は立ち上がり必死に争うと、ブザーに救われる。

 2R、カンジエの右ストレートに安藤は大きくダウン、立ち上がるも鼻や口から出血しボロボロの状態。打ち合う安藤だが、カンジエの右フックで顔が跳ね上がり、ボディストレートを被弾すると苦悶の表情。ダメージは深刻。安藤は、いつ止められてもおかしくない状態だが、目は死んでおらず戦いを続ける。

 3R、安藤はジワジワと距離を詰めも、カンジエはバックステップで勝負をせず、ロー、ミドル、右ストレートでダメージを与える。残り数秒、カンジエが安藤に組みつき、持ち上げてマットに叩きつける。ここでタイムアップ。

 判定3-0で、打撃で優位に立ったカンジエが安藤に完勝した。安藤はトーナメント初戦で姿を消した。

『ROAD TO UFC SEASON3 エピソード1&2』
5月18日(土)中国UFCパフォーマンス・インスティチュート上海
男子フェザー級トーナメント1回戦(準々決勝)
ズー・カンジエ(中国)
判定3-0 30-26×230-25
安藤達也(日本)
※カンジエが準決勝進出

▶︎次ページは【動画】安藤がビッグヒットでダウンも、必死に相手の猛攻を凌ぐ

  • 1
  • 2
フォロー 友だち追加

●編集部オススメ

・【テレビ・配信】5.18-19『ROAD TO UFC シーズン 3』生中継、放送、配信情報

・修斗世界王者・安藤達也が9年ぶりROAD TO UFC出場、“派手なKO”狙う=5.18

・GRACHAN王者・原口伸が2年連続の挑戦、”適正階級”フェザー級で「自分はUFCに行くべき存在」=5.18 ROAD TO UFC

・【ベラトール】矢地祐介が初回一本負け!強豪ベルナウイのダースチョークに呆然

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

関連記事

」、「」をもっと見る

TOP > 試合結果 一覧