TOP > ニュース

【Krush】前王者・中島弘貴、3戦連続KO勝利中の新鋭と対戦

2016/11/08(火)UP

前Krush -70kg王者・中島弘貴(右)は3戦連続KO勝利中の和島大海(右)と対戦する

 2017年1月15日(日)東京・後楽園ホールで開催される『Krush.72』の記者会見が、11月8日(火)都内で開かれ、追加対戦カードが発表された。

 前Krush -70kg王者・中島弘貴(バンゲリングベイ・スピリット)が参戦。21歳の新鋭・和島大海(月心会・チーム侍)と対戦する。

 中島は昨年4月にKrush -70kg級王座を獲得したが、今年4月に迎えた2度目の防衛戦でジョーダン・ピケオーにKO負けして王座から陥落。9月の再起戦では小鉄と接戦を繰り広げて辛勝を収めた。

和島は緊張の面持ちで会見に臨んだ

 対する和島は『第1回 K-1アマチュア全日本大会 Aクラス -70kgトーナメント』で優勝した実力を持つファイター。プロ戦績は3戦3勝だが、すべての試合でKO勝ちしている。

 プロ4戦目にしてキャリア35戦の元Krush王者と対戦することになった和島は、「正直びっくりしました」と驚きを口に。それでも、「僕のことを知っている人はまだいないと思うので、今回は名前を売る大きなチャンスです。しっかり戦いたいです」と意気込む。

 中島については、「フィジカルとパンチがとても強いと思います。今まで戦ってきた選手とは格が違います」と、過去最大の強敵であること認める。しかし、「僕にも勝つチャンスは絶対にあると思います。今まですべての試合でKO勝ちしているので、そのままの勢いで戦います」と闘志を燃やした。

「最近、KO勝ちが少ないので受けた試合」と言い放った中島

 一方、迎え撃つ中島は「最近、KO勝ちが少ないので受けた試合です。自分は対日本人の試合はほとんど勝っています」と、和島に対してあたかも格が違うと言いたげ。「正直、(自分と戦う前に)ほかの日本人選手と戦うべきじゃないかなと思いましたが、決まった限りは自分の強さを見せて勝ちます」と圧勝を狙う。

 さらに「9月の試合は自分でもしょっぱい試合内容だと思っています。今はそれを踏まえて練習しています。来年は世界の舞台で試合をしたいので、1月は自分の強さを見せます」と、和島との試合を世界を見据えた前哨戦と位置づけた。

●編集部おススメ記事
9・30「Krush」中島弘貴vs小鉄の試合レポート
ダウン奪ったピケオーが新王者に、王座海外流出

<追加対戦カード>

▼Krush -70kg Fight 3分3R・延長1R
中島弘貴(バンゲリングベイ・スピリット/前Krush -70kg王者)
vs
和島大海(月心会・チーム侍)

【大会・チケット情報】 1・15 グッドルーザー 「Krush.72」
 

 

関連記事

」をもっと見る



【関連リンク】

TOP > ニュース