TOP > ニュース

【K-1】伊澤波人、王者・武居との大一番に「普通に勝っちゃう」

2017/08/14(月)UP

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

伊澤は、得意のローキック地獄に武居を引きずり込めるか

 9月18日(月・祝)さいたまスーパーアリーナ・コミュニティアリーナにて開催の『K-1 WORLD GP 2017 JAPAN ~初代ウェルター級王座決定トーナメント~』に出場する、英雄伝説・世界-57kg級王者・伊澤波人のコメントが主催者を通じて届いた。
 
 伊澤は25勝(7KO)8敗2分のキャリアを持ち、中国へ遠征して『英雄伝説』の王者となり、中国で知名度と人気を誇っている選手。K-1参戦は3回目にして、ノンタイトル戦ながら王者と戦う最大のチャンスを得た。 
 
 対戦相手はK-1スーパー・バンタム級王者・武居由樹(POWER OF DREAM)。武居は4月に開催された「第2代スーパー・バンタム級王座決定トーナメント」で優勝し、初代王者・武尊が返上したK-1スーパー・バンタム級王座に君臨。2014年11月にプロデビューして、12勝(7KO)2敗と14戦目、20歳にして世界の頂点に立った。今回が王者としての初試合。

 伊澤は武居戦のオファーを受けた時の心境を「チャンスをもらえると思っていなかったのでビックリしました。でも実力的には僕が武居選手の相手に選ばれて当然かなという想いもありました」と語る。

 改めて武井の印象について「(4月のトーナメントの戦いぶりを観て)あれだけ強いとは思っていませんでしたね。僕は同じジムの(石田)圭祐が優勝すると思っていたので、その圭祐をKOして優勝したことにもビックリしました。あのトーナメントを簡単に勝ち上がっていった感じもあったので、純粋に『凄い』と思いました」と話し、その強さに驚いたようだ。

4月、徹底したロー攻めでリザーブファイトを勝利した伊澤(左)

 しかし、自分が本戦に選ばれずリザーブファイトだった事については「ちょっとひねくれそうになるぐらい悔しかったですね(苦笑)。ずっとK-1・Krushの-55kgで戦って結果を出してきた自分が選ばれずに、(階級が下の)Krush-53kg王者(武居)やボクシングから戻ってきた選手(久保賢司)が選ばれていたので、悔しい想いがありました」と悔しさを滲ませる。

 現在6連勝中と波に乗っているが「今まで生きてきた中で今が一番強いと思っています。今の僕は『これから先、これ以上強くなれるのか?』と思うぐらい強いですよ。ここから1~2年が選手としてピークだと思っているので、この1~2年で色々な選手と戦えるだけ戦いたいですね」と自信のコメント。

2014年、中国『英雄伝説』-57kg世界王者となった伊澤(左から2番目)

「日本は周りの環境にも恵まれているし、試合までに自由も多いです。でも中国はすごくアウェイだし、全く知らない地域まで行って全く知らない相手と戦います。そういう環境、状況の試合で勝っているのは自分でも純粋に凄いと思うし、自信になっています」と、その自信はここ数年、中国という馴れない環境で試合をしている経験で得たという。

 さらに「僕は普通に武居選手に勝っちゃうと思いますよ。むしろ『リザーブファイトの伊澤がチャンピオンの武居に勝っちゃったよ』となってしまって、それでも大丈夫なのかな?と思っています」と言い放つ。

 最後に「まだ僕の名前は全く知られていないので、もっと僕のことを知ってもらえるように全力を尽くして戦います。期待していてください」とファンにメッセージを送った。

●編集部オススメ記事
徹底したロー攻めでリザーブファイトを勝利した伊澤
20歳・武居が驚きの強さでトーナメント優勝

【大会・チケット情報】 9・18 K-1実行委員会「K-1 WORLD GP 2017 JAPAN ~初代ウェルター級王座決定トーナメント~」

 

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

関連記事

」をもっと見る



【関連リンク】

TOP > ニュース

イベント日程
2017年8月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031
≫もっと見る
アクセスランキング
≫もっと見る
Facebookもチェック