TOP > ニュース

【K-1】シカティック愛弟子とマナート息子が参戦

2017/08/26(土)UP

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

新生K-1初のヘビー級トーナメントは日本人4名、外国人4名によって初代王座が争われる

 11月23日(木・祝)さいたまスーパーアリーナ・コミュニティアリーナにて開催される『K-1 WORLD GP 2017 JAPAN ~初代K-1 WORLD GPヘビー級王座決定トーナメント~』の記者会見が、8月26日(土)都内にて行われた。

 新生K-1でいよいよヘビー級王者が誕生する。初代K-1ヘビー級王者を決めるトーナメントの出場メンバーと組み合わせが発表された。

不気味な雰囲気を漂わせるアッシ

 1回戦第1試合で元RISEライトヘビー級&ヘビー級の二階級王者・上原誠(32=士魂村上塾)と対戦するパコム・アッシ(36=フランス)は、「K-1参戦を楽しみにしている。日本で一番と言われている上原と戦えるのは楽しみ。知り合いのザビット・サメドフと戦った試合は見た。パワフルだし、いいフックを持っている。必ずいい試合になると確信している」とコメント。

 上原については「コンビネーションが上手い。そのコンビネーションを出させないように試合に臨む」と評し、「トーナメントに出る全員の映像を見てしっかり対策するつもり。全体的にレベルアップ出来るように頑張っていきます」と話した。

K-Jee(左)は旧K-1初代ヘビー級王者ブランコ・シカティックの弟子プラチバット(右)と対戦

 1回戦第2試合で旧K-1の初代ヘビー級トーナメント優勝者ブランコ・シカティックの弟子アントニオ・プラチバット(24=クロアチア)と対戦するK-Jee(26=K-1ジムFUKUOKA小比類巻道場)は、「全員スピードで圧倒して俺が福岡・熊本(出身地)にベルトを持って帰ります」と優勝宣言。「あのベルトが獲れればそれでいいです」とタイトルへのこだわりを見せた。

 対するプラチバットからは、「子供の頃から見ていたK-1で戦えることはとても光栄。シカティックは誰よりも自分を成長させてくれた特別な存在で、伝説の男が近くにいることはとても大きい。ヘビー級は最も大きい選手が集まり、最も強いファイターが戦う一番面白い階級だ。ファンが楽しみにしているビッグガイたちの戦いを見せて、K-1のベルトを獲りたい」とのコメントが読み上げられた。

岩下(左)は80年代の名キックボクサーであるアンドレ・マナートを父に持つロエル(右)と対戦

 1回戦第3試合でロエル・マナート(23=オランダ)と対戦する岩下雅大(33=BULLS)は、「今回初めてK-1に出ることになりました。マナートは身長197cmですか、めちゃくちゃデカい。重量級は日本人が目立てない、勝てない部分が多かったが、今回のK-1は今までの皆さんの想いを払しょくして日本人が輝ける重量級の試合をします」と意気込む。

 マナートからは「世界で最も有名なK-1が僕をトーナメントのメンバーに選んでくれたことはとても嬉しい。アンドレ・マナート(オランダが生んだ名キックボクサー)は僕の父であり、最高のトレーナーの一人。僕の知っている全ては父から教わったもので、父は僕を毎日成長させてくれる。僕はヘビー級が最もエキサイティングな階級だと思っているし、ファンのみんなには僕がヘビー級の新世代を担う一員だと知ってもらいたい」とのコメントが読み上げられた。

・上原誠のコメントはこちら
・KOUICHIとイブラヒム・エル・ボウニのコメントはこちら

 

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

関連記事

」をもっと見る



【関連リンク】

TOP > ニュース

イベント日程
2017年8月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031
≫もっと見る
アクセスランキング
≫もっと見る
Facebookもチェック