TOP > ニュース

【SEI☆ZA】2018年リニューアル「アジア乙女武道会」開催へ

2017/10/25(水)UP

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

10月24日の第4戦をもってSeason.1が完結。2018年1月からのSeason.2ではワンデートーナメントが柱になる予定

 10月24日(火)東京・後楽園ホールで開催された女子格闘技プロジェクトGIRL’S BUDO ENTERTAINMENT『SEI☆ZA 第4戦 ~乙女たちの秋の大武道会!~』終了後、山口日昇プロデューサーは2018年の構想について語った。

 今年1月に旗揚げし、2017年は4大会を開催したSEI☆ZA。今大会をもってチームSEI☆ZAとして活躍してきたユリア・ストリアレンコ(リトアニア)とタバタ・ヒッチ(ブラジル)の2名が卒業、帰国することになりSeason.1が完結。

SEI☆ZAの山口日昇プロデューサー

 2018年から始まるSeason.2がどうなるのか、山口プロデューサーに聞いたところ、「今の構想の中では十代限定で世界中から女子選手を集めてワンデートーナメントを行う『乙女武道会』が柱になります。1月に全アジア乙女武道会を開催し、規模を拡大していって世界武道会を開催するというコンセプトです」と明かした。

「まだ未完成な女子武道家・格闘家を集めて育てていきたい。それにはユリアとタバタは強すぎるんです。彼女たちはMMA(総合格闘技)で頂点を狙いたいので、SEI☆ZAの中にいるのは足かせとなる部分もある。だからこれからは自分たちの格闘技ロードを歩んで行ってもらいたい。残るラダ・マナンダーとラジーナ・ビスタ(ともにネパール)には乙女武道会の中心になって欲しい。SEI☆ZAでは成長の過程をしっかり見せていきたい」と、まだ完成していない女子選手を育てていく過程をSEI☆ZAでは見せていくという。

7月大会での公開エキシビションでは、女子プロレスラーの世志琥に手荒い洗礼を受けたアイドル石井

 また、年内の格闘家デビューを目指していたアイドルユニット『KissBee』のメンバーである石井美音奈に関しては、「KissBeeが売れてきて活動が忙しくなってきたので、いったん仕切り直します。本人はやる気があるので、乙女武道会に参加して来ることになるかもしれない」と、デビューが延期になったと説明した。

●編集部オススメ
・韓国・美武道戦隊との対抗戦はチームSEI☆ZAが3勝1敗で勝利
・世志琥の荒っぽい洗礼に格闘家デビュー目指すアイドル号泣

 

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

関連記事

」をもっと見る



【関連リンク】

TOP > ニュース