TOP > ニュース

【KNOCK OUT】元UFCファイター金原の挑戦に不可思は「後悔させてやる」

2017/11/03(金)UP

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

一度も目を合わせなかった不可思(左)と金原(右)。キックボクサーとMMAファイターの意地を懸けた壮絶な試合が予想される

 12月10日(日)東京・両国国技館にて開催される『KING OF KNOCK OUT 2017 両国』へ向けた“決起集会”として、11月3日(金)都内にて直前スペシャルイベントが開催された。

 今大会の目玉カード、REBELS-MUAYTHAIスーパーライト級&RISEライト級王者・不可思(クロスポイント吉祥寺)vs元UFCファイター・金原正徳(リバーサル立川 ALPHA)。キックボクシングの王者とMMA(総合格闘技)の最高峰UFCで勝利をあげた選手との戦いとなる。

 登壇した不可思は6月大会の「KING OF KNOCK OUT初代ライト級王座決定トーナメント1回戦」で勝次に敗れた一戦を振り返り、「負けてしまったが、あれほど懸けていた試合は今までなかった。それだけ、負けたけれど成長できたと思っています。試合が終わって冷静に分析して、その後の2試合でそれを試してみて実力が上がっているのを感じている。あの試合は僕を強くしてくれた」と語った。

 金原はキックに転向した理由を、「MMAではひと回りした感じがあったので、引退の着地点がどれかと考えていたら現役のうちに1度はキックボクシングにチャレンジしたいとの考えに至った。それで軽い気持ちで打診したら小野寺さん(KNOCK OUTプロデューサー)からオファーがあって、もう逃げられなくなりました」と説明。

 また、「もう競技者としては長くないし、何回もやるつもりはないのでトップとやりたいと思っていた。その中で不可思選手が目立っていたし、いい試合になるだろうし、命を懸けられる相手だと思った。前回KNOCK OUTに出た時はキックボクシングの練習をあまりしていませんでしたが、今回はしっかりキックボクシングを練習していくので楽しみにしていてください」と不可思を指名した理由を明かす。

 これを聞いた不可思は「やりたいと言ってもらえるのは嬉しいし、キックボクシングにチャレンジしたいという気持ちも素晴らしいと思うが、軽い気持ちで話をしたのを後悔させてやろうと思っています」と、キックボクシングの怖さを教えてやると凄む。

 すると金原は「もう後悔しているんですよ。前回もオファーが来てやりたくなかったんですが、もうやるしかない。腹をくくってます」と覚悟を決めたと返す。

 不可思は「金原選手の試合を見て上手いなと思ったが、本職の僕が負けたらシャレにならないので、その差を見せます」と、こちらも覚悟を語った。

●編集部オススメ
・元UFC戦士・金原正徳が不可思と激突、一触即発の場面も
・勝次が不可思をヒジ葬で死闘を制す


【大会・チケット情報】 12・10 キックスロード「KNOCK OUT 2017 in 両国」

 

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

関連記事

」をもっと見る



【関連リンク】

TOP > ニュース