TOP > ニュース

【RIZIN】ガブリエル・オリベイラが川尻に続いて堀口撃破を宣言

2017/12/27(水)UP

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

憧れのヴァンダレイ・シウバのように、日本で名をあげるとやる気満々のオリベイラ

 12月29日(金)さいたまスーパーアリーナにて開催される『RIZIN FIGHTING WORLD GRAND-PRIX 2017』に出場する選手たちの個別インタビューが、27日(水)都内で行われた。

 メインイベントの「RIZINバンタム級トーナメント2nd ROUND」で、堀口恭司(アメリカン・トップチーム)と対戦するガブリエル・オリベイラ(ブラジル)。ブラジルの3団体でチャンピオンになっており、10月の初来日では川尻達也をヒザ蹴りでKOしている。

「調子は最高だ。来日したのは昨日。前回は初めての日本でストレスが凄く、機内でも眠れなかった。今回は眠れてリラックスしているよ」と、2度目の来日にして日本慣れした様子。

初来日の10月大会で川尻をヒザ蹴りでKOした(写真:© RIZIN FF)

 トーナメントには今回からの参戦になるが「ビッグなチャンスなので生かしたい。川尻を倒しているので(2回戦からの出場は)驚いてはいない。前回は初の試合で緊張していたが、参加だけでなく勝ちたい。トーナメントに出場できるのは誇らしいこと。自分の家族、チーム、国を背負って優勝します。正月という大変大事な行事を犠牲にしているので、ぜひ優勝してトロフィーを持って帰りたい」と優勝を目指す。

 堀口については「優れた選手で尊敬している。スピードがあってパンチのある選手。次(準決勝)は誰でもいいので誰とでも戦います」と、堀口をリスペクトしながらも31日のFinal ROUNDに進出するつもりだ。

 川尻戦は63.0kg契約で戦ったが「現在の体重は66.8~9kg。余裕ですよ。リオデジャネイロは今40度あって、正直なところ日本は寒いです。でも減量は問題ない。すぐに慣れる」と61.0kgのバンタム級リミットは問題ないとし、川尻戦よりも前に1度経験しているという。しかも、「試合当日はおそらく71~72kgになる」と前日計量後に10kg戻すという。

「自分の大きさを生かすのはアドバンテージになる。堀口は間違った階級でやっていると思うので元の階級でやって下さい」と笑った。

 川尻に勝ったことで「母国でも話題になり、知名度も上がって、ブラジルのMMA(総合格闘技)界で評価されています」と言い、「前回は初戦なので勝ち続けて日本で戦っていきたい。チャンピオンになるために準備をしてきた。世界中でスターになるチャンス。シウバやノゲイラのように名前を残していきたいので優勝してブラジルに帰ります」との向上心を見せる。

 ヴァンダレイ・シウバとも会って話をしたといい、「自分にとって英雄なので嬉しかった。アドバイスをもらったので試合で生かしたい。自分は元々自身があるが、シウバに会ってさらに自信がついた。お金目当ての選手もいるが、自分にはビッグチャンス。いろいろな壁を乗り越えてここまで来た。勝つ自信はある。最後に生き残るのは自分」と、自信につながったという。

 今回もヒザ蹴りでのKOを狙うのかとの質問には「それは明かせない。試合を楽しみにしてくれ。あらゆる技で相手を倒すことが出来る。堀口の最大の武器は右(のパンチ)だが、僕には両手がある」とパンチでのKOもにおわせた。
※対戦する堀口恭司のインタビューはこちら

【大会・チケット情報】 12・29 RIZIN FF事務局「RIZIN FIGHTING WORLD GRAND-PRIX 2017 男子バンタム級トーナメント&女子トーナメント2nd ROUND/Final ROUND」

●編集部オススメ

・川尻達也にガブリエル・オリベイラがKO勝利

・堀口の2回戦の相手は川尻KOしたガブリエル

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

関連記事

」をもっと見る



【関連リンク】

TOP > ニュース