TOP > ニュース

【ボクシング】V3戦を27日に迎えるリナレス「年末は日本でやりたい」

2018/01/23(火)UP

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

V3戦を間近に控えたリナレスが今回の挑戦者のこと、次の標的のこと、そして年末には日本で試合がしたいことなどを語ったphoto=Getty Images

 1月27日(日本時間28日)アメリカ・カリフォルニア州ロサンゼルス・イングルウッドのフォーラムで、WBA世界ライト級王座3度目の防衛戦に臨む王者ホルヘ・リナレス(32=帝拳ジム)のコメントが同大会を生中継するWOWOWから届いた。リナレスは同級15位メルシト・ヘスタ(30=フィリピン)の挑戦を受ける。

 リナレスは昨年9月、同じ会場で2012年ロンドン五輪金メダリストのルーク・キャンベル(30=イギリス)を退けており、2試合連続でサウスポーの強打者と対戦。フェザー級、スーパーフェザー級と合わせて3階級制覇を成し遂げているリナレスにとっては、13度目の世界戦でもある。

「(次の試合は)2月か3月になるかもしれないと思っていたので、早く試合ができるので嬉しいですね。前回のキャンベルに続いてサウスポーとの対戦なので大歓迎です。調子はいいしモチベーションも高いですよ」と試合が決まった心境を語るリナレス。

 昨年9月の試合から4カ月のスパンとなり「3~4カ月に一度のペースがベスト。今年は3試合やりたい。このところイギリスでの試合が多く、大きなイベントに出ていなかったので前回(アメリカ)は嬉しかった。今年は1月にロサンゼルスで戦って、次にイギリス、そして年末に日本で試合ができたらいいと思っています」と、今年は日本でも試合がしたいという。

 挑戦者へスタは14年3カ月のキャリアで34戦31勝(17KO)1敗2分の戦績。唯一の敗北は2012年12月、当時のIBF世界ライト級王者ミゲール・バスケス(メキシコ)に挑んで判定負けを喫したもの。その後は引き分けを挟んで5連勝(3KO)を収めている。サウスポーの好戦的なボクサーファイター型。かつてリナレスとはスパーリングをしたことがあるといい「リナレスは成長したが、どう動くか、どう戦うのか分かっている。自分が不利の予想であることは分かっているが、試合では何が起こるか分からない。ベストを尽くす」と話している。

2014年12月30日、東京体育館でハビエル・プリエト(右)をKOし、3階級制覇を達成したリナレス

 その挑戦者についてリナレスは「パンチ力があるかどうかは分からないけれど、スピードのあるサウスポーだと思います。タイトルが懸かるのでモチベーションも高いだろうし、エキサイティングな試合をしたいですね。戦うのが楽しみです」との印象を話す。

 同じライト級のWBC王者ミゲール・マイキー・ガルシア(30=アメリカ)と戦うプランもあったといい、「ガルシアは一番戦いたい相手。今はヘスタに勝つことしか考えていないけれど、そのあとでチャンスがあればマイキーとライト級で戦いたい。もしもライト級が難しいのならばスーパーライト級でもやれます。ワシル・ロマチェンコ(29=ウクライナ/WBO世界スーパーフェザー級王者)とも対戦したい。彼の年末の試合(ギジェルモ・リゴンドーに6回終了TKO勝ち)も見ていたしね」と、今後のターゲットに2人の名前をあげた。

 また、ジムメイトでもある山中慎介が3月1日(水)東京・両国国技館でWBC世界バンタム級王者ルイス・ネリとの再戦が決まったことについては「この前、久しぶりに山中選手とトレーニング・キャンプをしました。(ヘスタと同じ)サウスポーだし、シャドーボクシングなどで感覚がつかめたので個人的には本当によかった。山中選手も今度は絶対に勝てると思う。僕は敗戦にも意味があると思っているんです。僕は3回負けているけれど、それによって考えが変わる部分もあるし、モチベーションも変わる。だから次の試合は全然違う山中選手が見られると思います」と、山中の勝利を予想した。

<番組情報>

生中継!エキサイトマッチ
「リナレス&マティセ ダブル世界戦」
2018年1月28日(日)午後0:00~[WOWOWプライム]※生中継

▼WBA世界ライト級タイトルマッチ
ホルヘ・リナレス(ベネズエラ・帝拳ジム/3階級制覇王者)
vs
メルシト・ヘスタ(フィリピン/WBA世界ライト級14位・挑戦者)

▼WBA世界ウェルター級王座決定戦
ルーカス・マティセ(アルゼンチン/元WBC暫定世界スーパーライト級王者)
vs
テワ・キラム(タイ/WBA世界ウェルター級1位)

●編集部オススメ

・リナレス、KOで3階級制覇

・山中慎介とルイス・ネリが再戦「借りを返す」

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

関連記事

」をもっと見る



【関連リンク】

TOP > ニュース