TOP > ニュース

【ボクシング】山中慎介とルイス・ネリが再戦「借りを返す」

2018/01/06(土)UP

5日、都内で会見を行った山中慎介(右)と岩佐亮佑

 ボクシングの帝拳ジムは5日、東京都内のホテルで会見を開き、31日、東京・両国国技館で前WBC世界バンタム級王者・山中慎介(35=帝拳IBF世界スーパーバンタム級王者・岩佐亮佑(28=セレスのダブル世界戦を発表した。

 山中は昨年8月、ルイス・ネリ(23=メキシコ4TKOで敗れ、王座陥落。その後、ネリにドーピング検査で薬物疑惑が発覚したがWBCは不問とし、山中との指名試合を義務付けてのダイレクトリマッチとなった。

昨年8月のネリ戦で神の左を出す山中。2Rにはネリをグラつかせた。

 一時は引退も意識していた山中だが、ダイレクトでの再戦が決まって「感謝している。ネリに借りを返したいという気持ちが強くなって。厳しい戦いになると思うが必ず勝つ」と雪辱にやる気満々。ネリ対策も「自分の悪かった面、良かった面は分かっている。そこを修正してきた」と攻撃面で”神の左”の進化を挙げて自信をのぞかせた。

岩佐(右)は昨年9月に小國と対戦。6回TKO勝利し新王者に。

 一方の岩佐は、昨年9月に小國以載(角海老ジム)に勝ち王座奪取。今回は同級13位エルネスト・サウロン(28=フィリピンを迎えての初防衛戦となる。

 サウロンは21勝(8KO21分け。身長168cmの右ボクサーファイター。

 岩佐は7年前に山中の持つ日本バンタム級王座に挑戦。激しい打撃戦の末に10TKO負けした後、山中が世界奪取していることから、今の気持ちを聞かれ「初防衛戦は難しいと言われるが7年前に負けたお陰で長く辛い苦しい時を過ごした。あの辛い苦しい時代を思えば」と岩佐。「相手の情報は少なく決して楽な相手ではないが、練習量を増やして期待に応えたい」と自信満々に語った。

 試合は前座のセミファイナルになるが「しっかり会場を温めてバトンを渡したい」。山中も岩佐戦を勝って強くなった当時を語り「7年後に二人で世界タイトルマッチをするとは思わなかった。本当に嬉しい。勝って笑って握手したい」と2人で世界戦の盛り上げを約束した。(山崎照朝)

●編集部オススメ

・山中がネリに4RでTKO負け、日本記録ならず

・岩佐が世界奪取、小國にTKO勝ち

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連記事

」をもっと見る



TOP > ニュース