TOP > ニュース

【RIZIN】ミルコ引退試合の相手選抜戦、ヘビー級発掘に力入れる

2018/03/08(木)UP

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

ミルコの弟子となるデリア(左)とプラセル(右)のヘビー級マッチ

 5月6日(日)マリンメッセ福岡で開催される『RIZIN.10』の追加対戦カードが、3月8日(木)都内で行われた記者会見で発表された。120kg以下契約のヘビー級の試合として、アンテ・デリア(27=クロアチア/Cro Cop Top Team)vsリカルド・プラセル(27=ブラジル/ALEMAO BROTHER’S TEAM)が決定。

 デリアはミルコ・クロコップが太鼓判を押すクロアチア期待のホープ。2011年にプロデビューしてからの6戦は全て一本・KO勝ち。その後はヨーロッパの大会で活躍するも2015年にヒザの負傷で長期戦線離脱。今回のRIZINデビュー戦は約2年半ぶりの試合となる。

 怪我が完治してからはミルコのジムに所属し、ミルコのスパーリングパートナーとして技術を向上させているという。ミルコは「こいつは規格外の、まさに別格。絶対に世界チャンピオンになる」とコメント。ファイトスタイルは超攻撃型で、打撃、タックル、サッカーボールキックなどを全力で打ち出してくる。身長196㎝、体重112kg。

 対するプラセルは元プロサッカーのゴールキーパーという異色のバックグラウンドを持ち、2010年から格闘技の練習を始めて2012年にMMA(総合格闘技)でプロデビュー。キックボクシングの試合も並行して行っていたが、2015年からはMMAに専念。長い手足を生かした寝技を得意とし、デビューから9戦全勝、全て関節・絞め技による一本勝ちという好成績を誇る。直近の試合ではブラジルの『Aspera FC』という大会でヘビー級王座に就いた。身長200㎝、体重112kg。

 榊原信行RIZIN実行委員長は「世界中の若くて将来性のあるヘビー級選手を物色している。ヘビー級は世界のプロモーションを見てもロートルばかりで彼らが現役で活躍している状況。アメリカのプロモーションが新しい選手を作り出すことにチャレンジしていない。その中でヘビー級のニューカマーを20人くらいピックアップしているので、まずは我々の目利きの中で試合を組んでいこうと思う。

 ハングリーで戦いに飢えている選手をマッチアップして、その中から年末のミルコの対戦相手が決まればいいなと。次なる逸材をヘビー級で見つけ出してRIZINで磨いていき、ミルコに最後に戦ってもらう」と、今回ヘビー級の試合を組んだ理由を話す。

「ミルコへのチャレンジ権を懸けて4人くらいでのヘビー級総当たりリーグ戦も考えたが、その4人にロックされてしまうのがもったいないくらい世界にはいろいろな選手がいる。今回も、もう1試合ヘビー級が入るかもしれない。RIZINはヘビー級にスポットを当てる。その中でこの選手とミルコとの試合が見たいとの声があがれば、と思っている。ファン投票がいいかなと思っているが、熱がつけば9月にワンナイトトーナメントをやってもいいかもしれない」と、日本人選手も含めてヘビー級の人材発掘に力を入れていくと語った。

 また、高田延彦RIZIN統括本部長は「(プロレスラーの)ハンセンやブロディのような視覚的にこいつら凄いなと、その上で高い技術と優れたファイティングスピリットを持つヘビー級ファイターが、刺激し合っていくのをRIZINとして積極的に見せていきたい」と話している。

<追加決定カード>
▼RIZIN MMA特別ルール 120kg以下契約 5分3R ※ヒジあり
アンテ・デリア(27=クロアチア/Cro Cop Top Team)
vs
リカルド・プラセル(27=ブラジル/ALEMAO BROTHER’S TEAM)

【大会・チケット情報】 5・6 RIZIN FF事務局「RIZIN.10」

●編集部オススメ

・ミルコの次戦は7・29さいたま、ヒョードルとの再戦も「可能性はゼロではない」

・矢地祐介、五味隆典から受け取った看板背負い20連勝目指す

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

関連動画

関連記事

」をもっと見る



【関連リンク】

TOP > ニュース