TOP > ニュース

【ボクシング】パッキャオ、7月の世界戦「マティセと対戦するのが待ち遠しい」

2018/04/06(金)UP

7月、世界戦に挑むマニー・パッキャオ (C)NAOKI FUKUDA/WOWOW

 7月14日にマレーシアのクアラルンプールに於いて開催されるWBA世界ウェルター級タイトルマッチでルーカス・マティセ(35=アルゼンチン/王者)に挑戦する世界6階級制覇の偉業を達成したマニー・パッキャオ(39=フィリピン/同級2位)が自身のツイッターで「7月14日、マティセと対戦するのが待ち遠しい」と発言。3ヶ月後の試合に向け早くもやる気満々の様子だ。

世紀の一戦でパッキャオがメイウェザーに右を叩き込む=15年5月
(C)NAOKI FUKUDA/WOWOW

 この対戦は2日、現在マティセのプロモーターを務めるオスカー・デラホーヤ氏が発表していた。

 マティセは39勝(36KO)4敗の選手で、KO82%を誇る。今年1月27日にテワ・キラム(タイ)にKO勝利し、WBA同級王者に就いた。

 パッキャオは2016年4月、ティモシー・ブラッドリー(米国)に勝利し引退したが、同年11月に復帰し勝利。WBO世界ウェルター級王座を獲得したが、17年7月の初防衛戦では挑戦者のジェフ・ホーン(オーストラリア)に判定で敗れ王座を譲っている。

昨年7月、ホーンと打ち合うパッキャオ(右)写真 =getty/wowow

 敗戦から5ヶ月後の昨年12月にパッキャオはフランス通信社(AFP)の取材に応え、UFC2階級制覇のコナー・マクレガー(29=アイルランド)陣営と「試合に関して交渉中だ」と語っていたが、マクレガー側は後に対戦を否定しており、次戦が注目されていた。

●編集部オススメ

・「マクレガーと対戦交渉中」とパッキャオ、4月に実現か

・【動画】パッキャオジム設立会見&井上尚弥への指導

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連記事

」をもっと見る



TOP > ニュース