TOP > ニュース

【Krush】王座挑戦を見据える山際和希に、松岡力は「勢力図を塗り替えたい」=計量

2018/04/21(土)UP

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

山際(左)vs松岡(右)。互いに蹴り技を得意としている

 4月22日(日)東京・後楽園ホールにて開催される『Krush.87』の前日計量&記者会見が、21日(土)都内にて13:00より行われた。

 第7試合で対戦するBigbangウェルター級王者・山際和希(谷山ジム)はリミットちょうどの67.0kg、松岡力(K-1ジム五反田チームキングス)は66.7kgでそれぞれ計量をクリアー。

 2月のBigbangでNJKFランカーに1RでKO勝ちした山際は、「前回のKO勝ちした試合同様、今回もいい練習が出来ました。フィジカル、コンディション、作戦全ていい調整が出来たので調子がいいです。明日はしっかり攻めて勝ちたい」と自信の表情。

 昨年9月の「初代K-1ウェルタ―級王座決定トーナメント」に出場し、準決勝まで進出して第3位となったが「トーナメントで攻撃的スタイルに切り替えて、攻撃が出るようになったことで自分のペースで戦えるのでスタミナも上がるし、手数も出るようになりました。K-1が終わってから自分のスタイルを見つめ直してパンチとキックをどの割合、攻撃と防御の割合をどうすればいいか、自分の戦い方が分かって来たのでブレなくなりましたね。攻めつつ自分のスタイルが出せる試合が出来ればと思います」と、K-1の時よりもスタイルが進化しているようだ。

 松岡は「今回いいチャンスをもらったので、しっかりものにしてタイトルマッチにつなげたいです。前の試合は緊張していて堅かった部分が多かったんですが、今回は僕が負けるのが当然と思われているのでノビノビやろうと思っています」とコメント。

 山際はミドルキック、松岡はローキックが得意なことから蹴り対決と今回は見られており、山際は「蹴り負けることは絶対に無いと思います。侮っているわけではなく対策をやって来たので、松岡選手のいいところを潰して最終的にKO勝ち出来ればと思っています」、松岡は「もちろん自分の得意なローをいっぱい練習してきましたし、ミドルの対策もしてきました。本番でそれが出るか分からないけれど、出来るように頑張ります」と、それぞれが自信を見せる。

 この試合は-67kg王者・塚越仁志への挑戦者査定試合的な意味合いがあると見られており、山際は「まずしっかり明日は松岡選手を倒し、それだけでなく内容も伴った試合をしてチャンピオンに挑戦状を叩きつけたい」、松岡は「今のチャンピオンより山際選手の方が強いと思っているし、リスペクトもしています。山際選手をクリアーしてタイトルマッチが出来れば一番カッコいい王者になれると思っています」と、両者ともタイトル挑戦に意欲満々。

 最後に、山際が「明日はお客様に喜んでいただける攻める試合がしたい」と言えば、松岡は「明日は必ず勝ちます。僕が勝たないと普通になってしまう。普通じゃなくしてウェルター級の勢力図を塗り替えたい」と言い放った。

【大会・チケット情報】 4・22 Krush実行委員会「Krush.87」

●編集部オススメ

・王座挑戦狙う山際和希と松岡力が激突

・松岡力、リスペクトする山際和希を”蹴り合い勝負”で倒す

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

関連記事

」をもっと見る



【関連リンク】

TOP > ニュース