TOP > ニュース

【RISE】HIROYAvs高谷裕之の異色カード決定、両者KO宣言

2018/04/24(火)UP

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

早くも火花散るにらみ合いを展開したHIROYA(左)と高谷(右)

 6月17日(日)千葉・幕張メッセ・イベントホールで開催されるRISE史上最大のビッグマッチ『RISE 125』の追加対戦カードが、4月24日(火)都内で行われた記者会見で発表された。

 今大会でのRISE初参戦が決まっていたHIROYA(26=TRY HARD GYM)の対戦相手は、MMA(総合格闘技)ファイターの第2代DREAMフェザー級王者・高谷裕之(40=FIGHT FARM)に決定。異色のカードが実現した。

 会見に出席したHIROYAは「この大きな舞台で意外な相手と出来ることを嬉しく思います。高谷選手は攻撃力のあるMMAファイターなので、スリリングな試合になると客観的に考えており楽しみです。いろいろなことがありましたが、その経験も含めて全ていい経験だと思っているので、経験した精神力をしっかりこの試合で試して、さらに強くなったHIROYAをお見せします」とあいさつ。

 高谷は「総合格闘家の僕に声がかかって光栄に思います。試合当日は地元開催でもあるので、気合い入れて戦います」との意気込み。

 HIROYAは「僕も昔Dynamite!!(大みそかに開催された格闘技イベント)などで試合をして、その時によく目にしていた選手です。まさかここで巡り合うことがあるのか、と。名前のある選手なので楽しみに思いました」と、オファーを受けた時は意外に思ったようだ。

 高谷は「最初からHIROYA選手との試合で話が来たので、それまではキックボクシングに出ることは考えていなかったんですが、戦ってみたい気持ちになりました。HIROYA選手だから戦いたい。キックの試合は今まで何回かやったことあるんですが、まだ勝ったことがないので勝ちたいです」とHIROYAとの対戦に魅力を感じたという。立ち技での試合は全日本キックで2度、シュートボクシングで1度経験しているが、いずれも判定で敗れている。

 その試合を「数試合見ました」というHIROYAは「一緒に練習をしたことはないんですが、同じ場所で練習したことがあってその時に練習を見させてもらいました。MMAの選手ですが、立ち技でも強いなって印象があります」と強さを認めるが、「しっかり高谷選手のいいところを引き出して、気持ちが強い選手なのでその気持ちを折り曲げてKOしたいです」と宣言。

 これを受けて、高谷はニヤリと笑うと「まあ、キックボクシングのテクニックでは勝てないと思うので、パンチを当ててKOしたい。決着はKOで」と、同じくKO宣言が飛び出した。

 HIROYAは2015年12月29日のRIZINで、高谷と同じMMAファイターの西浦”ウィッキー”聡生を3RでKOしている。すでにMMAファイター攻略経験があるのだが、高谷は「僕とウィッキーはスタイルが違うので」と参考にはならないと話した。

<決定対戦カード>

▼67kg契約 3分3R
HIROYA(26=TRY HARD GYM/初代Krush -65kg級元王者)
vs
高谷裕之(40=FIGHT FARM/第2代DREAMフェザー級王者)

▼Super Fight! -62kg契約 3分3R延長1R
チャンヒョン・リー(25=韓国/RAON/第5代RISEスーパーフェザー級王者)
vs
町田 光(30=橋本道場/第2代INNOVATIONスーパーフェザー級王者)

<変更対戦カード>

▼ミドル級 3分3R延長1R
イ・ソンヒョン(27=韓国/RAON/第2代RISEライト級王者)
vs
松倉信太郎(26=TRY HARD GYM)

●編集部オススメ

・HIROYAと松倉信太郎が初参戦、松倉はRISEのベルト目指す

・HIROYAがK-1出場取り消しについて会見、今後はRISEなどに参戦

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

関連動画

関連記事

」をもっと見る



【関連リンク】

TOP > ニュース