TOP > ニュース

【RISE】元王者・吉本光志がジム開設「気持ちでは絶対に負けない選手を育てたい」

2018/05/24(木)UP

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

記者会見であいさつする元RISEスーパーライト級王者・吉本光志代表

 5月25日(金)東京・後楽園ホールで開催される『RISE 124』の前日計量&記者会見が24日(木)、5月21日(月)にプレオープンしたばかりのキックボクシング&フィットネスジム『UP&SET』にて行われた。

 同ジムはキックボクシングでIKMF東洋ライト級王座、初代RISEスーパーライト級王座の二階級制覇、MMA(総合格闘技)でも2007年パンクラス第13回ネオブラッド・トーナメント・フェザー級優勝を果たした吉本光志(38)が代表を務める。今回は伊藤隆RISE代表の計らいで、マスコミへのジムお披露目も兼ねて行われた。

 ジムは武蔵境駅南口から徒歩2分の好立地にあり、39坪のスペースにはリングも設置されている。

 計量後の会見に出席した吉本代表は「怪我なくベストファイトを願っています。RISEを盛り上げてください」と出場選手たちにメッセージを送ると、「このジムを作った自分の目的のひとつは、選手時代にお世話になりご迷惑をかけた人たち、先輩・後輩に恩返しをするためには社会的な経済力をつけなければいけないと考えたからです。それが自分の仕事のモチベーションとなっています。今でもキックボクシングに関わり、お仕事が出来る幸せを噛みしめて、社会人としてつらいことがあっても、今の気持ちを社会人の初心としてこれからも突き進みたいと思います。武蔵境に根付くジムにしていきたいと思います」とあいさつ。

 女性や子供が入りやすいレディースとキッズのクラス、またスポーツトレーナーも務めた経験を生かしてダイエットやファンクショナルトレーニングのクラス、さらに中高年のためのウェルエイジング(アンチエイジング)クラスなどフィットネスに力を入れているが、もちろんプロ選手も育成していく。

「選手のよさを引き出せる立場となって、選手の個性を生かせるトレーナーになりたいと思います。選手が堂々とリングで主役をはっていただけるような立場になれるように、そして自分を越えてもらいたい。ハートだけは負けないような、倒れても相手から目を逸らさないような勝ち負けとは別に気持ちでは絶対に負けない選手を育てたいですね。相手に背中を向けるような選手にはしたくありません」と吉本代表。

「自分の先生であるヌンサヤームさんから受け継いだ“チャイスー”(タイ語で負けない心、折れない心)を、下の子たちにも受け継がせていきたいです」と意気込み、「出来るだけ早くプロのリングに選手を送り込みたいですね」と意気込みを語った。

●編集部オススメ

・吉本光志が2016年1月度のMVP!引退試合で強敵をKO

・吉本光志の全戦績・プロフィール

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

関連動画

関連記事

」をもっと見る



【関連リンク】

TOP > ニュース