TOP > ニュース

【DEEP JEWELS】齋藤裕子に大内刈り+パンチの新必殺技完成

2018/05/29(火)UP

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

柔道の大内刈りとパンチを組み合わせたというカウンターを練習中の齋藤(右)

 6月9日(土)東京・新宿FACEにて開催される『DEEP JEWELS 20』で、女子格闘技界のレジェンドであるジェット・イズミ(42=M16ムエタイスタイル)との対戦が決まった齋藤裕子(30=暁道場)。

 齋藤は柔道出身で、名門・国際武道大学の出身。2016年のアマチュア修斗全日本選手権で優勝し、2017年8月のジュエルスで16歳のホープ古瀬美月をマウントパンチで破り白星デビュー。続く12月大会ではグラップリングマッチ(組み技限定ルール)ながら長野美香を圧倒して勝利を収めてプロ2連勝を飾ったが、3月大会で前澤智に敗れて今回が再起戦となる。

バックボーンは柔道

「前回、前澤選手に負けてしまった分、余計に勝ちたいという気持ちが強くあります。ジェット・イズミ選手との試合には、熱く冷静に臨みたいと思います」と、勝利を渇望する齋藤。

 対戦するジェットは1999年2月にキックボクシングでプロデビューし、パワフルなパンチとヒザ蹴りで2007年5月にはJ-GIRLS初代ミニフライ級王座に就いた。2000年から2006年まではボクシングにも出場し、2勝3敗2分の戦績を残す(JBC非公認)。2001年12月からはMMA(総合格闘技)の試合も始め、現在までの戦績は5勝5敗1分というマルチファイターだ。試合は2010年12月以来、約7年ぶりの復帰戦となる。

計量でビキニを着ると宣言したジェット(右)に、なぜか対抗意識を燃やす齋藤(左)

 女子格闘技の黎明期に活躍したこの大ベテランを迎え撃つが「素晴らしいタイトルを獲得されていて本当にカッコいい選手だと思いますが、ジェットさんには負けません」と言い放ち、「ジェットさんは今回計量でビキニを着ると聞きました。私は山田花子似なのですが、ビキニが似合うのはこの私です」と謎の対抗意識を燃やす。

 そして「今、一番自信のある技はクロスカウンターです。写真では分かりにくいかもしれませんが、柔道の大内刈りとパンチを組み合わせてみました。パンチの威力が倍増します」と、オリジナルの必殺技も用意していると語った。果たして、打撃のスペシャリストであるジェットにこの技は通用するのか。

【大会・チケット情報】 6・9 DEEP事務局「DEEP JEWELS 20」

●編集部オススメ

・“超人女子”杉山しずか、筋骨隆々のアラフォー女子と再起戦

・1年4カ月ぶり復帰の長野に齋藤が勝利

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

関連動画

関連記事

」をもっと見る



【関連リンク】

TOP > ニュース