TOP > 試合結果

【DEEP】菊野克紀がわずか「8秒」戦慄のKO勝ち!

2012/12/09(日)UP

▲菊野(右)が右フックからの左フックでわずか8秒のKO勝ち!

DEEP事務局
イーストアンドウエストpresents
「DEEP CAGE IMPACT 2012 in TOKYO 2nd ROUND」
2012年12月8日(土)東京・ディファ有明

▼メインイベント(第12試合) ライト級(70.3kg以下) 5分3R
○菊野克紀(ALLIANCE)
TKO 1R8秒 ※左フック
●LUIZ(禅道会)

 空手を武器とする菊野克紀が、今回が3度目となるケージ(金網)リングの試合でヒジ打ち、ヒザ蹴り、踏み付け、サッカーボールキックありの“何でもあり”超過激ルールに挑む! 対戦相手は同じく空手をバックボーンに持ち、パンチ&ハイキックを武器にするLUIZ。かねてから「制限の少ないルールの方が戦いやすい」と公言している菊野が、この“何でもあり”ルールでどのような戦い方を見せるかに注目が集まる。

 1R、LUIZの放った左ローキックに右ストレートを合わせた菊野が、右フックから左フック! この一発でLUIZは身体を棒のように一直線になったまま倒れ、レフェリーがすかさずストップ! 菊野がわずか“8秒”戦慄のKO勝ちを飾った。

 菊野は「3月に沖縄拳法という空手に出会って、自分が強くなれる自信があります。もっともっと強くなる夢を持って頑張ります」とアピール。今年3月から習い始めた古流の空手である泊手(とまりて)に手応えを感じているようだった。


 

▲元ブラピのボディガードとして注目されたトルノ(右)だったが、長谷川(左)に敗れる

▼第6試合 第4代メガトン級王者決定トーナメント1回戦 5分2R
○長谷川賢(キングダム・エルガイツ)
判定3-0
●ペーター・トルノ(ドイツ/ベルリンMMA)
※長谷川が決勝戦に進出。

 第4代DEEPメガトン級(無差別級)王者決定トーナメントに、異色のファイターがエントリーした。ハリウッド俳優ブラッド・ピットや各国の政治家などVIPのボディガードを務め、総合格闘技3戦3勝(3KO)だというドイツ人のトルノだ。1回戦の組み合わせは当日抽選で決定され、トルノは元・全日本柔道強化選手の長谷川と対戦。長谷川は地下格闘技出身で、DEEPでも3連勝中のホープである。

 1R、身長195cm、体重135kgの巨体ながらもハイキックやミドルキックを軽々と放つトルノ。身長181cm、体重100kgの長谷川は打ち合っては不利と見たかタックルでテイクダウンする。長谷川は上からのパンチを落とし、アームロックを狙うが、トルノはそれを外して立ち上がる。アッパー、フックをブンブンと振り回すトルノを長谷川はタックルでケージへ押し込む。トルノはヒザ蹴りを突き刺して長谷川から離れる。

 2R、長谷川がスピードを活かして右ストレート、右フック。そしてトルノのパンチに右フックのカウンター! トルノの巨体がガクッと揺れ、長谷川は一気にラッシュをかける。長谷川の左右フックにトルノは右アッパーとヒザ蹴りで応戦。

 しかし、トルノがワンツーから打ち合いに来たところでまたも長谷川の右フックが炸裂! トルノがダウンする! 長谷川は上に乗り、サイドから抑え込んでトルノを立ち上がらせず、優勢を保ったまま判定で逃げ切り。巨漢のモンスターを撃退した。


 

▲サイドポジションを奪ったDJ.taiki(上)が原田ヨシキ(下)をパウンド葬!

▼セミファイナル(第11試合) バンタム級(62kg以下)次期挑戦者決定トーナメント1回戦 5分3R
○DJ.taiki(フリー)
TKO 3R4分33秒 ※パウンド
●原田ヨシキ(マッハ道場)
※DJが決勝戦に進出。

 DEEPバンタム級王座への次期挑戦権を懸けて4名の選手がトーナメントで激突。かねてから王座挑戦をアピールしているDJ.taiki、10戦負けなし(9勝1分)の釜谷真、一階級上のフェザー級でもトップ戦線に食い込んでいた北田俊亮、ハードパンチャーの原田ヨシキがエントリーされた。

 1st ROUNDでは北田が釜谷にTKO勝ちし、決勝進出を決めた。北田と決勝で対戦するのはDJか、原田か? DJは釜谷戦(6月15日)と北田戦(10月19日)が判定ドローとなっていることを不服とし、「今回は何が何でも判定勝ちする」とKO宣言ならぬ判定勝ち宣言をしている。

 1R、サウスポー同士の両者。原田がパンチで攻めるとDJはタックルに入り、ケージに押し込んでヒザ蹴りからテイクダウン。原田は立ち上がるが、DJはすぐに組んで再びテイクダウンする。DJが上からパンチを落とし、原田は下からの蹴り上げで応戦。原田が立ち上がろうとすると、DJは上から覆いかぶさって潰し、原田の頭部にヒザ蹴りを見舞う。

 2R、圧力をかけて前に出るDJは原田に組み付くとテイクダウン。原田は下からの蹴り上げで応戦するが、DJはしっかりと抑え込んで原田の顔面に上から右フックを連打する。原田が両足でDJを蹴って脱出しようとしても、DJはすぐに上から抑え込む。ケージを蹴って体勢を入れ替えようとする原田だが、DJは上のポジションをキープする。

 3R、DJの前蹴りで転倒した原田が立ち上がると、すぐにタックルでDJがテイクダウンを奪う。サイドポジションでガッチリと抑え込まれた原田は何度もケージを蹴って体勢を入れ替えようとするが、DJは上のポジションを譲らない。DJは原田の片腕を両足で挟み、もう片方の腕も押さえつけながら原田の顔面へパンチを連打。

 原田は何度目かのトライでようやくケージを蹴って体勢を入れ替え、上のポジションを奪う。しかし、立ち上がろうとした原田をDJは逃さず、バックを奪う。原田は前方へ回転してDJの足を取りにいくが、またもDJに抑え込まれてパンチを浴びてしまう。DJが上からの右フックを連打し、一方的になったところでレフェリーが試合をストップ。DJが残り時間27秒でTKO勝ちを飾った。

 DJはマイクを持つと「挨拶とスカートは短い方がいいと思うので一言。北川君が勝ったんだっけ? 結局、彼と(前の試合で)ドローになったのは彼が佐伯さん(DEEP代表)に好かれているから。あの試合は俺の完勝だと思っている」と毒づいた。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連動画

関連記事

」をもっと見る

【関連リンク】

TOP > 試合結果