TOP > 試合結果

【パンクラス】朱里が無傷の4連勝をマーク「目標はあくまでもUFC」

2017/02/05(日)UP

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

 

強く的確に右ストレートをヒットさせる朱里(右)

パンクラス
「PANCRASE 284」
2017年2月5日(日)東京・ディファ有明

▼メインイベント(第10試合) ストロー級 5分3R
朱里(VOS GYM)
判定3-0 ※三者とも30-27
●ミナ・グルサンダー(フィンランド/Finnfighters’ gym)

 中井りんとともにパンクラス女子部門を牽引する朱里が、メインイベントに抜擢された。朱里は立ち技格闘技から昨年4月にMMA(総合格闘技)へ転向。デビュー戦で当時無敗だった浅倉カンナに初黒星を付けるなど、現在無敗の3連勝中。

 対するグルサンダーは世界アマチュアMMA連盟「IMMAF」(International Mixed Martial Arts Federation=世界中のMMA連盟を組織化して国際大会を開催する事を目的に2012年2月29日にスウェーデン・ストックホルムで設立された)の2015年金メダリスト。プロでは2勝無敗。北欧のMMAランキングでは3位にランクされている。

 1R、パンチを連打するグルサンダーに対し、朱里は一発を強く的確に打ち返す。右ストレートがヒット。前蹴りもタイミングよくボディに突き刺さる。タックルに来たグルサンダーにはヒザ蹴りを見舞う。

 2R、組み付いてきたグルサンダーにボディへのヒザ蹴り。朱里のジャブ、右フック、三日月蹴りが何度も決まり、グルサンダーは消耗した表情。残り時間30秒でテイクダウンされた朱里だが、すぐに立ち上がった。

 3Rも朱里が右フック、三日月蹴りをヒットさせていき、グルサンダーのタックルはしっかりと受け止める。残り1分で朱里がタックルでテイクダウン。抑え込んで上からのパンチ、ヒジを落として判定勝ち。MMA転向以来の連勝を「4」に伸ばした。
 

 朱里はマイクを持つと、「試合が終わってホッとしています。パンクラスでメインをはらせていただけて嬉しかったです。一本、KOは出来ませんでしたが次の課題にしてまた練習します。この勝利によって夢にちょっとでも近付けたかなと。一歩一歩でも近付いていきたい」と語った。

 控え室でのインタビューでは「相手が凄く強かったので、もっと練習してKOか一本を取れる選手になりたい。この一戦は世界でも注目されていたと思うので、朱里の名前を広めるいいチャンスだと思っていました。UFCの目に止まればいいなと思って戦いました」と、この試合に懸けていた想いを打ち明ける。

 今大会ではRIZINの榊原信行実行委員長がリングに上がり、朱里にもRIZINに参戦して欲しいと呼びかけたが、朱里は「自分の夢がUFCのチャンピオンなのでブレずにやっていくつもりです」と、目標はあくまでもUFCだとコメントした。

●編集部オススメ記事
・メイン抜擢の朱里、圧勝予告「相手を上回って勝つ」 
・朱里が3連勝、代打出場選手を問題にせず
女王・朱里が鍛え抜かれた肉体魅せるフォトブック発売
【関連動画】朱里が実演、代謝を上げるキックボクシング簡単エクササイズ   


 

鋭い右フックが光った翔兵(右)

 

▼セミファイナル(第9試合) フライ級 5分3R
○翔兵(升水組/パンクラス・フライ級4位)
判定3-0 ※29-27、30-27、29-27
●上田将竜(緒方道場/パンクラス・フライ級5位)

 2連勝の翔兵と3連勝の上田が激突。今後のフライ級戦線を占う一戦となった。

 1R、パンチで圧力をかけていく翔兵に、上田はケージ内を大きく回り込んで蹴りで対抗する。お互いの攻撃がクロスすることはなく、ラウンドが終了。

 2Rも同じ展開になるかと思われたが、翔兵の右フックがヒットすると上田の足がもつれる。すかさずバックを奪う翔兵。上から抑え込んでコツコツと殴る。

 3R、上田が顔面前蹴りを突き刺すが、その後が続かず手数が少ない。翔兵はパンチでのアタックを繰り返し、攻勢を印象付ける。判定で翔兵が勝利した。

●次ページ:全身タトゥーの危険な“足関モンスター”を佐藤光留が迎え撃つ!

 

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

関連記事

」をもっと見る



【関連リンク】

TOP > 試合結果