TOP > 試合結果

【ムエタイオープン】ダウン奪われた貴が反撃に転じて逆転KO

2018/05/01(火)UP

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

先にダウンを奪われた貴(右)が、怒涛の反撃で逆転KO勝ち


センチャイムエタイジム

「MuayThaiOpen 41」
2018年4月30日(月・祝)東京・新宿FACE

▼第12試合 MuayThaiOpenバンタム級タイトルマッチ 3分5R
〇貴・センチャイジム(33=センチャイムエタイジム/挑戦者)
KO 2R 2分59秒 ※右ヒジ打ち
●44.ユウ・リバイバルジム(24=リバイバルジム/王者)
※貴が新王座に就く。ユウは初防衛に失敗。

※この試合の速報動画はこちら(ノーカット)

 ユウは2017年7月に、ヒジ打ちによるTKO勝ちでわずか7戦目にして王座に就き今回が初防衛戦。対する貴はNJKFフライ級王座、WMC世界スーパーフライ級王座などこれまで4本のベルトを獲得した四冠王。長い手足から繰り出すヒジとヒザ蹴りを得意とする。

 1Rはお互いに様子を見る。静かな立ち上がりだったが2Rが始まってすぐ、ユウが左フックからの右ストレートでダウンを奪う。

10カウント以内に試合続行の意思を示す事が出来なかったユウ(左)

 これで火が付いたか、立ち上がった貴は得意の首相撲に持ち込みヒジ打ち&ヒザ蹴り。ユウもヒジで応戦するが、貴の長い腕が絡みついて動きを封じられる。離れるとユウがローとパンチで貴に組ませまいとするが、貴はユウのパンチを被弾しても構わず長い手を伸ばして組み付く。

 貴の左ヒザ蹴りでユウがバランスを崩し、貴が一気にヒジとヒザでラッシュを仕掛ける。完全に貴得意の乱戦に持ち込まれ、後退するユウ。そこへ前へ出た貴が右ヒジの一撃。ユウがダウンし、10カウントが数えられ、貴が逆転KO勝ちで5本目のベルトを手にした。

 逆転KOに場内が大いに盛り上がる中、貴は「僕はたくさんの人たちに支えられて練習も試合も出来ています。ありがとうございました」と、ファンにお礼を述べた。

※この試合の速報動画はこちら(ノーカット)


常にプレッシャーを掛け、日畑(右)を圧倒した大崎(左)

▼第11試合 LPNJフライ級王座決定戦 3分5R
〇大崎一貴(21=OISHI GYM)
KO 2R 2分45秒 ※ヒザ蹴り
●日畑達也(33=FKD)
※大崎が新王座に就く。

※この試合の速報動画はこちら(ノーカット)

 LPNJ(LumpineeBoxingStadium of Japan)フライ級王座決定戦では、大崎と日畑が王座を争う。

 大崎は現在タイを主戦場にしており、ムエタイの殿堂ルンピニースタジアムで8連続KO勝利をあげて注目を浴びた。2017年3月にトーナメントを制して初代WMC日本フライ級王者となり、今年4月8日のBOMでは初防衛に成功。わずか22日後の今大会で2本目のベルトを狙う。また、6月8日の後楽園ホール大会から開幕する「KNOCK OUT初代フライ級王座決定トーナメント」への出場も決まっている。

 日畑は九州を主戦場とするファイターで、パンチで前へ出て粘り強いスタイル。

 1R、お互いにローとミドルでの蹴り合い。大崎が前へ出て、サウスポーの日畑はロープを背に大きく回り込む展開。前に出て圧力をかける大崎に、日畑は左ストレートを狙い、大崎はボディを攻める。

 2Rになると日畑も前へ出てパンチと蹴りの数を増やしていく。大崎はパンチでボディを攻め、前へ出てくる大崎を日畑が連打で迎え撃つ。パンチを多
く出すのは日畑だが、大崎は下がらない。

 大崎は左ボディブローからのパンチラッシュ、そして右ヒジを叩きつけてダウンを奪うと、立ち上がった日畑に三日月蹴り。最後は大崎が左フックを打ち、日畑がヒザをマットにつきかけたところでヒザをアゴに突き上げ、圧巻のKO勝ちを飾った。

※この試合の速報動画はこちら(ノーカット)

●編集部オススメ

・大崎一貴、小嶋勇貴、44・ユウらトリプルタイトルマッチ

・大崎一貴がルンピニーで8連続KO勝ち

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

関連動画

関連記事

」をもっと見る



【関連リンク】

TOP > 試合結果