TOP > 試合結果個別

【RIZIN】那須川が因縁の相手・藤田を87秒でKO葬

2017/12/31(日)UP

那須川(左)が藤田から3度のダウンを奪い、速攻勝利

RIZIN FF事務局
「RIZIN FIGHTING WORLD GRAND-PRIX 2017 男子バンタム級トーナメント&女子トーナメント2nd ROUND/Final ROUND-」
2017年12月31日 (日)さいたまスーパーアリーナ

▼第10試合 RIZINキックボクシング・トーナメントルール RIZIN KICKワンナイトトーナメント決勝戦 57.0kg契約 3分3R延長1R
〇那須川天心(TARGET/ISKAオリエンタルルール世界バンタム級&RISE同級王者)
KO 1R 1分27秒 ※3ノックダウン
●藤田大和(リバーサルジム新宿Me,We)

 キックボクシングルールのワンナイトトーナメント決勝戦は、那須川と藤田の再戦となった。1回戦で那須川は浜本“キャット”雄大を2RでKO。藤田は砂辺光久を3RでKOに下している。両者は10月の福岡大会にてMMA(総合格闘技)ルールで対戦し、好試合の末に那須川が判定勝ちしている。

 1R始まってすぐに那須川が左フックで藤田をグラつかせ、続く連打でダウンを奪う。

 カウント9でスッと立ち上がった藤田に、那須川は嵐のようなフックとヒザ蹴り。藤田も左フックを放つが那須川の猛連打を止めることは出来ず右フックで再びダウン。

 最後は藤田のボディに左ヒザ蹴り、左ストレート、そして頭部への左ヒザ蹴り。藤田が3度目のダウンを喫し、那須川が速攻勝利でトーナメント優勝。優勝賞金300万円を手にした。

 那須川は「最後はいい勝ち方が出来て1年間を締められてよかったです。めちゃくちゃ嬉しいです。自分がやりたいことをやれたと思います。MMAも最高ですがキックボクシングも最高だということが分かってもらえたと思います。どうですか? 僕はトーナメントが得意なんです。勝ち上がるたびに(調子が)だんだん上がって来るので、それでKO出来て良かったです。僕は世界最強を目指しているので、世界最強トーナメントをキックでやってもらえれば嬉しいです」と、満面の笑顔で勝利者インタビューに答えた。

▶︎全試合結果はこちら

●編集部オススメ

・那須川天心が飛びヒザ蹴りでド派手にKO

・藤田が砂辺を左フックでKO、決勝での打倒・那須川を宣言

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

関連記事

」をもっと見る




TOP > 試合結果個別