TOP > 世界格闘技最前線 一覧

【コラム】アリスター・オーフレイムと『七転び八起き』

元WOWOWのUFC中継解説者としても知られる格闘技ジャーナリストの稲垣收(いながき・しゅう)氏が、世界を舞台に格闘技のディープな情報を発信する世界格闘技最前線。

 K-1 WORLD GPのヘビー級王者で、総合格闘技でもDREAM、ストライクフォースのベルトを獲得し、現在UFCのヘビー級ランキング1位のアリスター・オーフレイムがUFC日本大会(9月23日)のゲストとして来日した。日本のリングスでデビューし、日本をこよなく愛するアリスターに話を聞いた。(文:稲垣 收)

■「日本のことわざ『七転び八起き』が俺を支えてくれた」

 現在アリスターは、主にアメリカのニューメキシコ州アルバカーキにある「ジャクソンズMMA」で練習をしている。名将グレッグ・ジャクソンとマイク・ウィンクルジョンが率いるこの名門ジムには、元ライトヘビー級王者ジョン・ジョーンズや、ロンダ・ラウジーをKOした元女子バンタム級王者ホーリー・ホルム、“名勝負カウボーイ”ドナルド・セローニら、多くの強豪が所属している。

7月にUFCヘビー級1位で元王者のファブリシオ・ヴェウドゥムを破ったアリスター(PHOTOS By courtesy of Zuffa LLC / Getty Images)

 このジムに移籍してからアリスターの戦い方は、それまでと変わった。以前は試合開始直後からすぐにガンガン攻めて行ったが、試合全体を考えて戦うようになった。

「たしかにそうだね」とアリスターは言う。「プロとして格闘技を20年間戦ってきて、その中で数年ごとに俺はスタイルを変えてきたんだ。格闘家として成長し、勝ち続けるためには、それが必要なんだ。もしずっと同じ戦い方を同じパターンでやっていれば、いい結果を出すことなどできないからね。

 つねに進化し、自分自身のファイト・スタイルを改善して行かなくてはならない。そうしてきたからこそ、俺は20年間プロとして格闘技をトップレベルで続けて来られたんだし、K-1やDREAM、ストライクフォースなどで王座を獲ることができたのさ」 ・・・

===================================
※この記事は会員専用です。会員登録すると続きが読めます。

会員登録会員の方はコチラ

===================================



TOP > 世界格闘技最前線 一覧