TOP > ニュース

【レベルス】月イチ試合の健太がゴールデン生中継大会への出場を猛アピール

2018/10/09(火)UP

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

プロフェッショナルシスト=プロのナルシストである健太のナルシストポーズ

 10月8日(月・祝)東京・後楽園ホールで開催された『REBELS.58』の一夜明け会見が、9日(火)都内にて行われた。

 第4試合で、元WPMF日本スーパーライト級王者・潘隆成(ぱん・りゅうそん/25=クロスポイント吉祥寺)を延長戦の末に破ったWBCムエタイ日本統一ウェルター級王者・健太(31=E.S.G.)が出席。昨夜の試合を振り返った。

「僕としてはもっと圧倒して、まだまだこのスーパーライト級の健太という壁を見せ付ける試合をしたかった。でも結果的に安定の、毎回恒例の接戦の末、僕らしい勝ち方でしたね。これでvs日本人4連勝という結果だけ自分を褒めてあげたい。内容は褒められないです(苦笑)。記憶に残らず結果だけが残りました」と、試合内容には満足していないが勝ったことにはホッとしている様子。

「勝敗はどうでもいいと言われたことが無かったので、勝ち続けることが自分の価値を高めることになるので必死だったんです、勝つことに。それがキックボクシングの難しさだな、と。なぜこんなに思い通りにいかないのかもどかしさがあるんですが、だからこそ面白い。なぜ出来ないのかをこれから考えていきたい。潘君がさせてくれなかったというのもあります」と、格闘技は勝つことが大事だと話す。

 潘戦については「思っていた通りに出来なかったといったわりには、思っていた通りの感じでした。こうだろうなって感じでしたね。もう少しボディブローとパンチを当てられるかと思っていましたが、当てられず意外と削れなかったのがああいう試合になったと思います。本戦の判定は最悪ドローか自分の勝ちだと思っていました。潘君に1票入った時は“嘘でしょ!?”と思ったので焦りはありました。でも、延長になっても自分のやるべきことをやれば大丈夫だと思っていたので焦りはなかったですね。苦しさもありましたが、潘君も消耗していたので潘君よりは余裕があったかなって」と、ベテランらしく冷静に状況を判断していた。

こちらも得意のポメラニアンの顔マネ

 これで1月と7月を除き、毎月試合をして2018年は5勝2敗1分の戦績(昨年は6勝3敗1分)。日本人キックボクサーとしては異例のペースで試合をこなしている。

「これからも“月イチ健太”でいきます。よく、疲れているから動きが悪いとか言われるけれど、25歳の潘君に31歳の僕が消耗戦で競り勝ったのは事実。僕と言えばスタミナでグチャグチャな試合で競り勝つ。若手にスタミナで負けないんです。11月と12月も試合をします。肉体の疲れは全然ありません。でも自分にノビシロがないと思ったらスパッと辞めます。ボロボロになって骨身を削ってまで現役にしがみつくつもりはありません。もう自分が強くなっていないと思ったら、キック界から足を洗います」と、“月イチ健太”を続行すると宣言した。

尊敬する福山雅治のラジオ番組のキャラクターを意識したポーズ

 リング上では「いろいろ言いたいことはありますが、こんな試合内容なので控えさせていただきます」としたが、この会見では「不可思選手がリングサイドでうろちょろしていましたよね。ゴールデンで不可思選手と…でもそんなことを言える試合でもないし」と、来年2月に決定している東京MXのゴールデンタイム生中継で不可思と再戦したい(2月に対戦して判定負け)とさりげなくアピール。

「結果が伴っての発言権だと思っているので、ゴールデンに出たいからもう1回チャンスをください。山口代表、何でも誰とでもやります。オープンフィンガーグローブでもやります」と、山口元気レベルス代表に出場を猛アピールし、「プロですからゴールデン仕様の戦い方があります。タネケンタくらいやります」と、KNOCK OUTでの激しい戦いぶりで人気を集めているタネヨシホばりのファイトを見せると語った。

次ページ:宮元啓介、丹羽圭介、蓮沼拓矢のコメント

●編集部オススメ

・『REBELS.58』全試合結果=2018年10月8日

・健太、下剋上を宣言した潘隆成に「ナメんじゃねえぞ、まだ早いぞこの野郎」

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

関連動画

関連記事

」をもっと見る



【関連リンク】

TOP > ニュース