TOP > ニュース

【レベルス】梅野源治「圧倒的な差をつけて勝ちたい」=計量

2018/12/04(火)UP

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

梅野(左)と1勝1敗の、現RISEスーパーフェザー級王者チャンヒョン・リーの後輩キハン(右)が番狂わせを狙う

 12月5日(水)東京・後楽園ホールで開催される『REBELS.59』の前日計量&記者会見が、4日(火)都内にて12:30より行われた。

 第9試合に出場する、元ラジャダムナンスタジアム認定ライト級王者・梅野源治(PHOENIX)は61.25kgで500グラムオーバーしたが、ネックレスと下着を外して契約体重の61.20kgちょうどで計量をクリアー。対戦するジョン・キハン(韓国)は61.0kgで一発クリアーした。

 梅野は「圧倒的な差を見せ付けて、来年につながる一戦にしたいなと思います」と圧勝宣言。タイ人強豪選手と戦う時よりも表情に余裕が見えたが、「僕は普段と変わらないですよ」と答える。

下着を脱ぎ、ネックレスも外す梅野は苦笑い

「練習もいつも通りにしてきましたし、今回の試合だけではなく今後を見据えた練習を積み重ねてきています。一切、今回も油断していないし、やるべきことをやってきました。だから試合を楽しみにしてもらえればと思います」と、相手を甘く見ていることはないという。

「全てにおいて差をつけて勝ちたい。僕が離れてミドルを蹴り続けたり、首相撲で戦えば何もさせないで勝てる自信があります。でも、僕が圧倒的に勝てるところで戦うのではなく、パンチの打ち合いでもローの蹴り合いでも全ての局面で圧倒できることを自分とお客さんに戦いで見せたい」と、勝ちに徹した試合ではなく自分の強さを見せつける試合を見せたいとした。

 キハンの印象を聞かれると「ナメてはいませんが、髪型が韓流っぽくて可愛いですね」と笑った。

 一方、キハンは「私はイ・ソンヒョン、チャンヒョン・リーを先輩に持っています。それに恥じない試合をしたい」と、RISEで活躍する同門の2人のように日本で強さを発揮したいとキッパリ。

「梅野は試合映像を見たら左ローが凄く強い。それに注意して戦いたい」と言い、梅野と1勝1敗の戦績を持つチャンヒョン・リーからは「パンチに気を付けろとのアドバイスをいただきましたが、全てに注意して戦いたいと思います」と、梅野の攻撃に注意して戦うと語った。

【大会・チケット情報】 12・5 Def Fellow「REBELS.59」

●編集部オススメ

・梅野源治が連続参戦、韓国強豪ジムからの刺客と対戦

・梅野源治がギャットペットに惜敗、ルンピニー再挑戦遠のく

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

関連動画

関連記事

」をもっと見る



【関連リンク】

TOP > ニュース