TOP > ニュース

【レベルス】丹羽圭介の「てっぺんを獲る」発言に対し、潘隆成がKO宣言

2018/12/04(火)UP

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

「レベルスのてっぺんを獲るために来た」という丹羽(右)を迎え撃つ潘(左)

 12月5日(水)東京・後楽園ホールで開催される『REBELS.59』の前日計量&記者会見が、4日(火)都内にて12:30より行われた。

 第8試合で対戦する、元WPMF日本スーパーライト級王者・潘隆成(25=ぱん・りゅうそん/クロスポイント吉祥寺)は62.95kg、元RISEライト級1位・丹羽圭介(35=にわ・けいすけ/TEAM KSK)は契約体重ちょうどの63.0kgで計量クリアー。

 10月の初参戦でMuayThaiOpenスーパーライト級王者・橋本悟を破っている丹羽は、「REBELSのてっぺんを獲りに来た丹羽です」と自己紹介すると、「新設された63kg級を大いに盛り上げてくれと託された切符だと思うので、潘選手をぶっ倒して先に進む」と、来年にも新設が予定されている63kg級のタイトルへ向けて勝ち進むと宣言。

「てっぺんを獲るための練習をTEPPEN(那須川天心の父・弘幸さんが会長を務めるジム)でやらせてもらっているので、その証のためにリングに上がる。自分が考えた食事や運動の仕方が正しいことを証明するためリングに上がります。てっぺんを獲るために潘選手をしっかり通過しないといけない」と、様々なことを勝利によって証明したいという。

 一方、潘は「明日は今年最後のレベルスです。来年は僕に期待して欲しいので、来年のレベルスは面白いと思わせる盛り上がる試合をします。何が何でも、どんな状況になっても、しがみついてでも勝ちたい」と勝利への執念を燃やし、「僕はレベルスでずっとアマチュアから戦ってきてデビューもレベルス。その辺の覚悟は僕の方があります。丹羽選手はあれだけてっぺんと言っていますが、TEPPEN所属じゃない。その辺の覚悟も含めて中途半端。僕が勝たないと盛り上がらない」と、丹羽に敵意をむき出しにする。

 そして「丹羽選手のことはナメてはいないし、評価もしています。そこで気持ちを見せたいのでKOします」とKO宣言。それを聞いた丹羽は「僕は23戦やって勝ったり負けたりして、負けている時は迷いの悪魔がリングに降りることを知っています。潘選手は連敗しているので、その迷いの悪魔が憑いていることが僕には分かる。その迷いの悪魔を打ち砕く戦いだと思っているので、僕が潘選手をぶっ倒します」と不敵な笑みを浮かべた。

次ページ:各選手のコメント

●編集部オススメ

・スアレック、宮越慶二郎の忍者フットワークに「忍者までいってない」

・初防衛戦の老沼隆斗「バチバチの試合見せる」

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

関連動画

関連記事

」をもっと見る



【関連リンク】

TOP > ニュース