TOP > ニュース

【ONE】ワールドカップ広告戦略にも携わった、秦“アンディ”英之氏が日本社長に就任

2018/12/28(金)UP

スポーツビジネスの世界では著名な秦英之氏が日本社長就任

 シンガポールを拠点としてアジア最大規模の活動を展開しているMMAプロモーション『ONE Championship』は、「ONEチャンピオンシップ・ジャパン」の社長に秦“アンディ”英之氏が就任したと発表した。

 ONEは2019年3月31日(日)東京・両国国技館で初の日本大会『ONE:A NEW ERA IN TOKYO』を開催する。
 
 新社長の秦氏は72年生まれの46歳。アメリカと日本を往復する少年時代を過ごした。明治大学を卒業し、ソニー株式会社に入社。ソニーで働く傍らアメリカンフットボール選手として、名門アサヒビールシルバースターで活躍。リーグ優勝を経験しているアスリートでもある。
 ソニーには12年まで勤め、米ソニー在籍時にはスポンサードしているFIFAの2010年ワールドカップの広告戦略等にも携わった。

秦氏の手腕に期待をかけるチャトリCEO

 現在は世界的なスポーツ専門の調査コンサルティング会社「ニールセンスポーツ」の北アジア代表兼「ニールセンスポーツ ジャパン」の代表取締役を務める。
 ニールセンスポーツ ジャパンは、現在卓球の新リーグである「Tリーグ」や日本アメリカンフットボールの「Xリーグ」、プロバスケットボール「Bリーグ」の複数チームとマーケティングリサーチのパートナー契約を結ぶなどをしている。

 ONE CEO兼会長のチャトリ・シットヨートン氏は「アンディはスポーツへの強い情熱を持っているワールドクラスのビジネスマンだ。彼はこれまでの実績に裏打ちされた知性ある実践力、世界的規模の統率力、力強い行動力をONEにもたらしてくれる」と語る。

 秦氏は「私はONEチャンピオンシップの持つ豊潤なマーシャルアーツ(格闘技)の伝統を世界に広め、ワールドクラスのエンターテイメントを日本中のファンに届けたいと思っている」とコメントしている。

 秦氏の世界的かつ豊富な経験による手腕が、今後の日本展開においてどう生かされることになるか注目だ。

●編集部オススメ

・青木真也のライト級王座挑戦など3大タイトルマッチを日本で開催

・日本大会にアンディ・サワー、デメトリアス・ジョンソン、エディ・アルバレス参戦

・チャトリCEO「日本大会は増やしていく。数億ドルをかけて日本を活性化させたい」

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連記事

」をもっと見る



TOP > ニュース