TOP > ニュース 一覧

【RIZIN】メイウェザー来日後すぐに会見「3Rなら寝ていても出来る。KOやダウンの心配は全くしていない」

2018/12/29(土)UP

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

日本の大晦日に世界5階級制覇を達成した実力を見せつけるのか

 12月31日(月)さいたまスーパーアリーナで開催される『RIZIN.14』に出場する選手たちの個別インタビューが、29日(土)都内で行われた。

 第14試合のスペシャルエキシビションマッチでRISE世界フェザー級王者・那須川天心(20=TARGET/Cygames)と対戦する、プロボクシング世界5階級制覇フロイド・メイウェザー・Jr(41=アメリカ)が出席。

 会見場に姿を現したメイウェザーは、「先ほど東京に着いたばかりです。試合では皆さんをエンターテイメントで楽しませたいと思います」と挨拶。

 コンディションについて聞かれると「3Rくらいなら心配はしていない。厳しいトレーニングも必要ないと思っています。私は1977年からいろいろなコンタクトスポーツを見てきているので、それを生かしていきたい」と余裕を見せ、「どういう試合になるかは特に関係ない。彼は自分が得意なことをやって攻めてくるだろうし、私はこれがフロイド・メイウェザーというパフォーマンスをしたいと思います」と、自分のスタイルでいくとした。

 那須川が「パンチを当てに行く」と宣言していることを聞くと、笑顔を浮かべ「彼には若さがあり、アクティブでタフな選手。ハイライト映像は見たが、フルは時間がなくて見ていない。彼にはいい印象を持っているから楽しみだよ。エキシビションであろうが、エンターテイメントであろうが、リアルであろうが、攻撃することもそうだがどれだけパンチを受けるかも大切なことになってくると思う」と、那須川を称える発言。

 しかし「自分としては何も心配はしていない。経歴を見てくれれば分かる通り、私はハードパンチャーを相手にやってきている。天心は一生懸命練習してきていると思うが、私は3Rであればそれほど練習しなくても出来る。寝ていても出来る。KOやダウンする心配は全くしていないよ」と、余裕たっぷりのコメントをした。

 RIZINのリングで戦うことに関しては「自分としては変わらない普通の1日。もう30年もやっているので単なる1日だ。ファンを楽しませたいし、自分も戦いの中で楽しみたい。そういう試合を見せたいと思う」と、今までと変わらないとした。

 また、蹴りについての質問が飛ぶとメイウェザーは「答えたくない」とし、RIZINとの仲介に入ったというONE ENTERTAINMENTのブレッド・ジョンソン氏にマイクを向け、ジョンソン氏は「確かにMMAのような技を仕掛けてきた場合のペナルティ条項はある。これはラスベガスの(アスレチック・コミッションだと思われる)条項に基づいている」とし、「素晴らしいレフェリーに裁いてもらう」とレフェリーをメイウェザーサイドが用意したことを明かした。

 最後にメイウェザーは「いいパフォーマンスを見せられればと思っています。皆さんが楽しんでくれることを願っています」と言い残して会見場を去っていった。

【大会・チケット情報】 12・31 RIZIN FIGHTING FEDERATION「Cygames presents RIZIN.14」

●編集部オススメ

・那須川天心が米ラスベガスで公開練習「メイウェザーに一太刀入れる」

・メイウェザーが那須川天心の前で「これは真剣勝負ではない。ワクワクしない」

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

関連動画

関連記事

」をもっと見る



TOP > ニュース 一覧