TOP > ニュース 一覧

【ボクシング】“モンスター”井上一家、親子3人同時受賞

2019/02/08(金)UP

井上一家、親子3人同時受賞。左から井上尚弥、尚弥の父・真吾、尚弥の弟の拓真

 2月8日に都内のホテルで開催されたプロボクシングの2018年年間優秀選手表彰式では、”モンスター”の異名を持つWBA世界バンタム級王者・井上尚弥(25)と、弟の拓真(23)、そして2人を指導する父・真吾トレーナー(47)が、親子3人揃って受賞する快挙を成し遂げた。

 昨年バンタム級に階級を上げて三階級制覇を達成し、初防衛にも成功した尚弥は最優秀選手賞(MVP)とKO賞、さらにJBCサポーターズクラブ賞の三冠を、弟・拓真は昨年ペッチ・CPフレッシュマート(本名タサーナ・サラパット、25=タイ)とのWBC世界バンタム級王座決定戦を判定で制して暫定王座を獲得し優秀選手賞を、そして父・真吾氏は2人を長年にわたって指導し兄弟王者に育て上げた実績を評価されてトレーナー賞を受賞した。

パンチを突き合わせる井上一家の3人

 3人の所属する大橋ジムの大橋秀行会長も「(同じジムで)3人同時受賞と言うのはすごく珍しいこと。本当に光栄だし、嬉しいですね」と顔をほころばせた。

 3人の“モンスター一家”は、2月17日~21日までグアム合宿に向かう。尚弥は4月か5月に決まりそうだという世界最強王座決定戦「ワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)」準決勝に向けて、拓真は1月19日に米での正規王座決定戦で正規王者となったノルダイン・ウバリ(32=仏)との王座統一戦を想定して、走り込みを中心としたキャンプを行うのだ。

 もともと飛行機が超苦手だった真吾氏も、息子2人のために決死の思いで飛行機恐怖症を克服し、同行する。
 2019年も“怪物一家”が大暴れの年となるか?

●編集部オススメ

・【ボクシング】MVPは井上尚弥、4月か5月に米か英でWBSS準決勝か

・”モンスターの弟”井上拓真「ナオ以上のインパクトを残したい」

・【ボクシング】”モンスター”井上尚弥も安堵。弟・拓真が完勝で暫定王座獲得

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連動画

関連記事

」をもっと見る



TOP > ニュース 一覧