TOP > ニュース 一覧

【パンクラス】ONEとの3年間のパートナーシップ契約、他団体への出場可否にも言及

2019/03/14(木)UP

握手を交わす秦ONE日本社長(左)と、パンクラス酒井代表(右)

 3月14日(木)パンクラスは、シンガポールを拠点としてアジア最大規模の活動を展開している格闘技プロモーション『ONE Championship』と、2019年4月から3年間に渡るパートナーシップ契約を結んだことを、都内の記者会見にて発表した。

 記者会見には、ONEチャンピオンシップ・ジャパン社長の秦“アンディ”英之氏、パンクラス代表の酒井正和氏が出席した。

 秦氏は「パンクラスは世界基準を追求し、スポーツ化を目指しているMMA団体として同じ方向を向いている」と契約の理由を語り「お互いの団体の強みを共有しながら、産業自体を盛り上げていきたい」とコメントした。

 酒井氏は「(ONE ChampionshipCEO兼会長の)チャトリさんとは、去年から意見交換を重ねてきた。ONE Championshipは、イベント・教育・医療・ケアなど総体的なプラットホームを持っている、世界でも類のない団体。さらになかなか日本のマーケットが成立しにくい環境で、ONE Championshipはちゃんとビジネス化されており興味を持っていた」と語る。
「MMA自体がアジアの文化であり、コンテンツとして世界中に広がっていくお手伝いができればいい。それによってパンクラスに上がっている選手たちが、戦って生計を立てる幅が広がっていくのではないか」と契約することを決めたという。

 今回の契約によってパンクラス王者は自動的に「ONE Championship」への出場権を得られるが、UFCやRIZINなどへの参戦を目指している選手も存在する。酒井氏は「パートナー提携を結んでるわけですから、こっち(ONE)に出ようという話をすると思いますよ」とONE優先の姿勢を選手にも勧めるという。

 さらに「パンクラス(のリング)に上がっている選手は、当然(パンクラスの)チャンピオンを目指しているわけですから。逆にいうとチャンピオンを目指さないでパンクラスに上がってる、そういうのはうちのランカーではないと思う」という認識だと語る酒井代表。
「チャンピオンを目指してベルト獲って生計立てて、次のステップにいきたいっていう思いがあるはずなので、(UFCやRIZINなど)固有名詞のそういう感覚ではないととらえてますので」と、あくまでパンクラスにはまずパンクラスの王者を目指す者が上がるべきとした。

 パンクラスの選手がUFCやRIZINなど他団体に出場することはありえるか、との問いには「ベルトホルダーは無いです。ONE Championshipの独占(契約)ですから」と、チャンピオンは今後3年間他団体に出場することは無いと言う。また、ランカーなどには「ONE Championshipとのピラミッド構造が理想という啓蒙をしていく」(酒井氏)という。

ライト級王者・久米鷹介(中央左)と、フェザー級暫定王者・ISAO(中央右)も出席

 なお、昨年9月にグループ化したキックボクシング団体「レベルス」は今回の契約には無関係で「パートナーシップはMMAだけ」(酒井氏)とのこと。

 またパンクラス選手代表としてライト級王者・久米鷹介と、フェザー級暫定王者・ISAOも会見に出席。久米は4月に防衛戦を、ISAOは5月にナザレノ・マレガリエとの王座統一戦を控えている。
 久米は「(今回の契約は)素晴らしい選択肢の一つ。一ヶ月後に防衛戦を控えているので集中したい」とコメントし、ISAOは「統一戦にしっかり勝って、チャンピオンになって次に繋げたい。(ONEへの参戦は)まだ決まってはいないが、挑戦することになったら挑戦の心を忘れずに行くだけ」と語った。

●編集部オススメ

・修斗がONE Championshipとパートナーシップ契約を締結

・チャトリCEO「日本大会は増やしていく。数億ドルをかけて日本を活性化させたい」

・青木真也のライト級王座挑戦など3大タイトルマッチを日本で開催

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連記事

」、「」をもっと見る



TOP > ニュース 一覧