TOP > ニュース

【RIZIN】佐々木憂流迦がドクターストップ、朝倉海の相手は元UFCファイターに変更

2019/04/04(木)UP

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

朝倉海(左)の相手が、大みそかにRIZIN初参戦した元UFCファイターのスコッギンス(右)

 4月21日(日)神奈川・横浜アリーナにて開催される『RIZIN.15』で、朝倉海(25=トライフォース赤坂)との対戦が決まっていた佐々木憂流迦(29=Serra Longo Fight Team)が内臓疾患によりドクターストップ。欠場となることが発表された。

 無念の欠場となった佐々木は「この度、RIZIN関係者様、スタッフの皆様、そしてこの試合を楽しみにしていたファンの皆様、欠場という形になってしまい大変申し訳ありませんでした。 そして、今回試合を快諾して頂いた朝倉海選手、改めて申し訳ありませんでした。 僕自身この試合をとても楽しみにしていたので、治ったら是非また戦ってくれると嬉しいです。初めての症状で戸惑いもありますが、少しでも早く回復出来るよう尽力致します。また、リングに戻って戦うことを楽しみにして頂けたら幸いです」とメッセージを送っている。

強力な打撃を持つ朝倉(左)

 代わって朝倉と対戦するのは、ジャスティン・スコッギンス(27=アメリカ)に決定。スコッギンスは16歳でキックボクシングのアマチュア世界王者となり、16歳でMMA(総合格闘技)のキャリアをアマチュアからスタート、ノースカロライナ州アマチュア王者に輝き、2012年に19歳でプロデビュー。無傷の7連勝で『UFC』との契約をもぎ取った。2017年6月には佐々木憂流迦と対戦し、チョークで敗れている。

元谷(左)にハイキックを見舞うスコッギンス(右)

 昨年の大みそかRIZINに初参戦したが、元谷友貴に一本負けを喫して日本デビューは黒星に終わった。本人はRIZINへのレギュラー参戦を狙っており、チャンスを迎えたことになる。なお、スコッギンスは「那須川天心とキックボクシングルールで戦っても構わない」と豪語するほど打撃に自信を持つ。

 スコッギンスは「俺はトップレベルの選手たちとしのぎを削るためにRIZINと契約した。準備期間は短いがこの機会をモノにしたい。トップレベルで試合をするときの最大の課題は準備期間だ。俺は日頃から練習を欠かさず食事にも気をつけているからいつどんなオファーが来ても準備ができている。俺はどんなチャレンジにも怯まない。今回のような荒削りのストライカーは尚更だ。みんなをガッカリさせない試合をする事を約束する。横浜で会おう」と、急なオファーも問題ないとコメントしている。

<決定対戦カード>

▼RIZIN MMAルール 61.0kg契約 5分3R ※ヒジあり
朝倉 海(25=トライフォース赤坂)
vs
ジャスティン・スコッギンス(27=アメリカ/REVOLUTION MIXED MARTIAL ART)

【大会・チケット情報】 4・21 RIZIN FIGHTING FEDERATION『RIZIN.15』

●編集部オススメ

・両者全力を尽くした熱闘で朝倉海がリベンジ成功

・元谷友貴がスコッギンスに鮮やか一本勝ち

・朝倉海が打撃戦でケイプを破る大金星

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

関連動画

関連記事

」をもっと見る



【関連リンク】

TOP > ニュース