TOP > ニュース

【ベラトール】絶対女王マクファーレンがV3戦へ計量パス、恒例のコスプレは封印

2019/04/28(日)UP

女王マクファーレン(左)が3度目の防衛戦で、挑戦者アルテアガ(右)を迎え撃つ

 4月27日(土・現地時間)アメリカ・カリフォルニア州サンノゼのSAPセンターで開催されるMMA(総合格闘技)大会『Bellator(ベラトール)220』の前日計量が、26日(金・同)に行われた。

 セミファイナルのBellator MMA世界女子フライ級タイトルマッチで、3度目の防衛を目指す王者イリマレイ・マクファーレン(29=アメリカ)は124.8ポンド(約56.61キロ)、挑戦者のヴィータ・アルテアガ(31=アメリカ)は123.8ポンド(56.15キロ)で、共にリミット125ポンド(約56.7キロ)を一発でパスした。

昨年6月に迎えたV2戦の前日計量では、ディズニー映画『リロ・アンド・スティッチ』のキャラに扮した王者マクファーレン(右)とコーチのヘルナンデス(左)

 マクファーレンの計量と言えば、趣向を凝らしたコスプレのパフォーマンスをコーチと共に毎回披露することで注目を集めてきたが、この日の計量ではこれを封印。自身のルーツであるハワイの花冠に、水色の水着というシンプルな出で立ちで登場し、計量と写真撮影を済ませた。

 その実力と人気でBellator MMAの女子部門をエースとして牽引するマクファーレン。2017年11月のBellator MMA女子フライ級王座決定戦で、エミリー・ダコーティから一本勝ちを収め、初代女王の栄冠に輝いた。

 続く昨年6月の初防衛戦では新鋭アレハンドラ・ララから、さらに同年12月の2度目の防衛戦では元UFC世界タイトルマッチ経験者のヴァレリー・レターノーから、いずれも一本勝ち。プロ戦績を9戦全勝にまで伸ばし、無敗の絶対女王の地位を確実のものとしている。

フェイスオフで闘志を燃やすマクファーレン(左)とアルテアガ(右)

 一方、挑戦者のアルテアガは戦績こそ5勝2敗だが、昨年7月の再起戦でタイトルマッチ経験者のダコーティに判定勝ち、同年9月にはオランダキック界の強豪デニス・キールホルツに一本勝ち。現在、強豪相手に2連勝と波に乗る。

 3戦連続一本勝ちのマクファーレンが再び挑戦者に極めて勝つか。それとも好調のアルテアガが絶対女王に一泡吹かせるか。後は試合開始を待つのみとなった。

 また、今大会のメインイベントでは、Bellator MMAウェルター級ワールドグランプリの準々決勝と、Bellator MMA世界同級タイトルマッチを兼ねた大一番、ローリー・マクドナルド(29=カナダ)vsジョン・フィッチ(41=アメリカ)も行われる。

ウェルター級ワールドグランプリの準々決勝と同級タイトルマッチを兼ねたメインイベントで激突する王者マクドナルド(左)と挑戦者フィッチ(右)

 現王者として臨むマクドナルドは169.8ポンド(約77.02キロ)、挑戦者として臨むフィッチは169.5ポンド(約76.88キロ)で、共にリミット170ポンド(約77.11キロ)を問題なくクリアー。

 マクドナルドは昨年9月のBellator MMA世界ミドル級タイトルマッチで、王者ゲガール・ムサシにTKO負けし、二階級同時制覇に失敗して以来の試合。再起戦となる今大会では、自身のウェルター級王座の初防衛とトーナメント初戦突破を目指す。

 一方、ベテラン挑戦者のフィッチは昨年5月のBellator MMA初陣で、強豪ポール・デイリーから完封判定勝ちして以来の試合。他団体の試合も含めると現在5連勝中で、好調の勢いのまま王座奪取と準決勝進出を狙う。

Photo by Bellator MMA

●編集部オススメ

・初防衛戦の女王陣営、前日計量はディズニーコスプレで華やかに

・女王マクファーレンが過去最強の敵に一本勝ち、故郷で涙のV2

・女王マクファーレン、最強挑戦者を地元愛で歓迎

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連記事

」をもっと見る



【関連リンク】

TOP > ニュース