TOP > ニュース

【NJKF】女子キック「ミネルヴァ」が単独興行開催、“浪速の喧嘩小町”百花が韓国王者と対決

2019/05/07(火)UP

メインは百花(左)と、ヒョソン(右)の日韓王者対決

 女子だけのキックボクシング興行『ミネルヴァ』が、6月9日(日) 大阪市・平野区民ホールで初開催される。

 女子キックボクシング『ミネルヴァ』は、NJKFの女子部門として他の興行にスポット的に組み込まれて行われてきたが、単独開催としては今回が初で、実質の旗揚げ興行となる。
 記念すべき第1回大会では、現ミネルヴァ王者の3選手が出場。

 メインではアトム級王者の百花(魁塾)が、KMK(韓国ムエタイキックボクシング)女子フライ級王者のキム・ヒョソン(韓国)と47.5kg契約(2分3R)で対決する。

那須川梨々(右)も破っている百花

 百花は30戦以上の戦績を持ち、ガムシャラに前へ出て打ち合いを挑むことから“浪速の喧嘩小町”の異名を取る。昨年11月には那須川天心の妹・那須川梨々にプロ初黒星を付けた。

 対するヒョソンは、韓国の打撃格闘技大会『MAX FC』でのバンタム級王座経験も持つ強豪で、組んでからのヒザ蹴りを得意とする。また、韓国では現役の看護師として働く“戦う看護師”としても注目を集めているという。

かつて百花を破ったMARI(左)が階級アップ

 セミファイナルでは、ピン級王者のMARI(ナックルズGYM)vsAyaka(NJKF健心塾)がアトム級(2分3R)で対戦。

 MARIは2018年4月に百花との王座決定戦を制し、NJKFミネルヴァ初代ピン級王座を獲得した。右ストレートを得意とする。
 今回はアトム級に階級を上げての一戦。百花の持つ王座に狙いを定めたか。
 
 対するAyakaは小柄ながらもキレのある攻撃が持ち味とし、現在3連勝と勢いに乗る。格上のMARIを破り存在感を示せるか。

王者・楓(左)が新鋭の聖愛(右)と対決

 また、スーパーフライ級 (2分3R)の一戦で、ライトフライ級王者・楓(LEGEND GYM)が、百花と同門の戦う女子高生・聖愛(せいな/魁塾)と対戦。

 楓は階級アップをして伊織の持つスーパーフライ級のベルトを狙うと宣言。対する聖愛はビジュアル抜群の美少女ファイターで「楓さんはベルトを獲る為の通過点」と話している。

<対戦カード>
▼メインイベント ミネルヴァ47.5kg契約 2分3R
百花(魁塾/ミネルヴァ アトム級王者)
vs
キム・ヒョソン(JUNGWOO GYM/韓国)

▼セミファイナル ミネルヴァ アトム級 2分3R
MARI(ナックルズGYM/ミネルヴァ ピン級王者)
vs
Ayaka(NJKF健心塾/ミネルヴァ アトム級5位)

▼ミネルヴァ スーパーフライ級 2分3R
楓(LEGEND GYM/ミネルヴァ ライトフライ級王者)
vs
聖愛(魁塾/ミネルヴァ スーパーフライ級5位)

●編集部オススメ

・那須川天心の妹・梨々、プロ2戦目で現役王者・百花に善戦も初黒星

・MARIが百花との打ち合い制し新王者に(ページ下段)

・【NJKF】女子部門をミネルヴァとして強化

・くびれ美人のメルヘン戦士マドレーヌ、念願のプロレスデビュー戦が決定

・美貌で注目の ぱんちゃん璃奈、計量パスで意気込み「綺麗なムエタイスタイルを」

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連動画

関連記事

」をもっと見る



TOP > ニュース