TOP > ニュース 一覧

【RIZIN】難病から2年ぶり復活の征矢 貴、RIZINデビューに「あとはやるだけ」

2019/05/25(土)UP

2年ぶりの復活を遂げる征矢

 6月2日(日)兵庫・神戸ワールド記念ホールにて開催の『RIZIN.16』に出場する、征矢 貴(そや・たかき/24=パラエストラ松戸)の公開練習が、千葉県内で行われた。

 征矢はミット打ちを1ラウンド、スパーリングを1ラウンド披露。グラウンドからのサッカーボールキックなどRIZINルールに適応している姿を見せた。

 征矢は2013年に修斗バンタム級新人王とMVPを獲得。修斗における戦績では7勝のうち5つが1ラウンドKOとストライキングによる速攻を得意としている。順調に勝ち星を重ねていたが、2017年5月の試合を最後に約2年間リングから離れていた。

RIZINルールを意識したスパーリングを披露

 この2年間、征矢は闘病のため戦線を離脱していたという。征矢のSNSによると病名は「クローン病」。大腸が炎症を起こす原因不明の病気で、常に熱っぽく、腹痛と体重減少を引き起こす病気だが、今年に入ってから症状は快方に向かい、今回の復帰にこぎつけたという。

 現在のコンディションを「いつもよりも2kgくらい重いので、その分減量は楽」と語る征矢。病気になる前よりはるかに強くなっている実感があるという。

SNSでは苦しい闘病の中にも前を向く発言

 対戦相手の川原波輝(29=総合格闘技スタジオSTYLE)はDEEPを主戦場としており、征矢と同じく今回がRIZIN初参戦。直近の試合では3月にDEEPストロー級王者の越智晴雄(35=パラエストラ愛媛)に挑み、惜しくも判定負けを喫したものの、壮絶な打撃戦で大いに会場を沸かせた。

 川原の印象を「空手(をベースにした)独特の蹴りが強いだろう」と語る。ビデオを見ての研究はしていないが、川原の打撃には出入りや左右の動きを使い的を絞らせないよう対策を講じているという。

ストライキングに定評のある征矢

 RIZINからオファーを受け取ったときの驚きを「息が止まった」と表現。誰しもがあこがれる舞台へ上れることを喜ぶ一方で、今後は「格闘技を始めたことからの目標」としていた修斗のベルトに定めていくという。

 順調な調整に「あとはやるだけ」と自信をのぞかせる征矢。2年ぶりの復活劇に期待したい。

●編集部オススメ

・新人王戦で全試合KO勝ちの征矢が国際戦

・征矢が激しい打撃戦を制し勝利

・調整万全の浅倉カンナ、“レジェンド”山本美憂より「トータル的に戦えるのは自分」

・那須川天心、対戦相手の“敵前逃亡”に「プロ失格」と憤り

・入賞多数の空手少女がラウンドガールになった意外な理由

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連動画

関連記事

」をもっと見る



TOP > ニュース 一覧