TOP > ニュース 一覧

【RIZIN】那須川天心、対戦相手の“敵前逃亡”に「プロ失格」と憤り

2019/05/24(金)UP

敵前逃亡したフェラージを「プロ失格」と切り捨てた那須川

 6月2日(日)兵庫・神戸ワールド記念ホールにて開催の『RIZIN.16』に出場する、RISE世界フェザー級王者・那須川天心(20=TARGET/Cygames)が、24日(金)千葉県内で公開練習を行った。

 那須川は2分1ラウンドのシャドーの後、2分1ラウンドのミット打ちを披露。円形のドラムミットに左のオーバーハンドフックを打ち込んだ。

ドラムミットに左のオーバーハンドを打ち込む那須川

 2日前に那須川の対戦相手とされていたISKAフリースタイルルール世界フェザー級王者・アメッド・フェラージ(25=フランス)が、急遽対戦を辞退するという前代未聞の事件が起こった。”敵前逃亡”ともいえる土壇場での対戦拒否に、那須川は「プロ失格ですね」と怒りを隠せない。試合前に対戦相手の心を折るのは「初めてですね」と笑いつつも、「なんで格闘技やってるんですかね?」と、言葉を選びながらも対戦予定だったフェラージを批判した。

 那須川は「格闘技をやっていて『世界最強になりたい』と思ってやっている人は少ない」と持論を語る。様々な動機で格闘技の世界にいる人間のことは受け入れつつも、「自分は強くなりたい」と、世界の頂点を目指すために格闘技の世界に身を置いている自身のスタンスを改めて明らかにした。

4月にはパッキャオ推薦選手のビアグタン(右)を3RKOした那須川

 AbemaTVの企画を含め、ボクシングマッチが続いていることについては「パンチの手数やバリエーションが増えた」という良い影響がある反面、「スタンスや重心が変わってくる」という悪影響に注意して練習していると語る。しかし「6回戦、8回戦となると練習の仕方も大幅に変わるが、今は慣れているラウンド数なので問題ない」と、よい影響の方が大きいという手ごたえがあるようだ。

 井上尚弥のWBSS準決勝に話が及ぶと、那須川は井上を「すべてにおいてパーフェクト」と評価。キックやボクシングといったジャンルを超越したトップファイターである井上に「負けていられないな」と、自身も世間を賑わす存在感を強めていくと気を引き締めた。

那須川の相手はRIZINとISKAで調整中だという

 今回のRIZINで関西圏での初試合となる那須川は、関西のイメージを「格闘技の熱が熱い」と語る。関東とは客層も変わるだろうと予想する那須川は、「関東に行って試合を見てみたいと思わせる試合をしたい」と、新たなファン層の獲得を狙う心づもりだ。

 突然の対戦相手の”敵前逃亡”により、現時点では対戦相手が未定となってしまった那須川。現在RIZINとISKAで対戦相手の調整を行っているという。フェラージの対戦拒否の理由や新たな相手も含め、近日RIZINから発表を行うとのこと。前代未聞の逃亡劇の動向に注目したい。

・全カードとイベント情報はこちら

●編集部オススメ

・那須川天心「今回は戦い方にこだわる」フランスの強豪とタイトル戦が正式決定

・那須川天心、タフなビアグタンを2度倒しKO勝利

・那須川天心、自身の人生は「随分展開が速いマンガ」

・那須川天心とパッキャオ推薦選手・ビアグタン、試合に先がけドラゴンボールの技で対決

・那須川天心が明かす、堀口恭司戦の3Rで使った“天心マジック”=2018年9月ベストファイターインタビュー

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連動画

関連記事

」をもっと見る



TOP > ニュース 一覧