TOP > ニュース

【K-1】木村ミノル”ビッグマウス”封印しリングで届ける、WWEを超えるものを

2019/06/04(火)UP

強打をドラムミットに打ち込む木村

 6月30日(日)東京・両国国技館にて開催される『K-1 WORLD GP 2019 JAPAN~K-1スーパー・バンタム級世界最強決定トーナメント~』に出場するK-1 KRUSH FIGHTウェルター級王者・木村“フィリップ”ミノル(25=K-1ジム五反田チームキングス)が、6月4日、都内で公開練習を行った。

 木村はドラムミットで得意のパンチを披露。インタビューでは「パンチで豪快に倒すボクシングスタイルは、もうわかってもらったと思う」と語る。
「自分のダメな点に着目して、もっといいファイターになりたい。前回の試合(近藤魁成戦)では…蹴りがまったくない。僕だけ別競技やってるなとずっと思っていて」と、自分にダメ出しをする木村。「次はもっとパーフェクトなコンビネーションとか、鮮やかな所を見せる日にしたい」と、蹴り技も駆使するオールラウンドファイターを目指す。

受け手に衝撃が走るほどのボディフック

 対戦相手のクルーズ・ブリッグス(22=オーストラリア)は、ムエタイをベースに、重いパンチとヒザ蹴りを軸としたパワーファイター。アマチュアで5つのタイトルを獲得した実力者だ。

 ブリッグスの印象を木村は「ムエタイスタイルだけど、一発一発思い切って打つ。フィジカルも強くどっしり構えるので、打たれ強さもあると思う。効果的な攻撃をたくさん当てないと、ひるんでくれないだろう」と分析。「(映像を)見た感じではめちゃくちゃ噛み合うと思う。やりたかったタイプです」とモチベーションは高い。

 さらに「ガードが堅い選手だと思うんで、ガードの上から倒したい」とフィニッシュは豪腕で決めるつもりだ。

左ボディでKO勝ちした木村

 プロレス好きを公言する木村だが、両国国技館では前日と前々日の6月28日・29日に『WWE』の日本公演が入っている。木村は嬉しそうに「(会場には)WWEの神様が深く染み込んでる。その神様が好きな選手は絶対僕なので、味方をしてくれると確信してますね」と勝利を断言する。

 勝ち方は「WWE的な勝ち方にしちゃうと、また逆転という感じになっちゃうんで圧勝したいですね。秒殺したいですね、本当は」と早期決着を狙う。
「(自分の)パフォーマンスとか迫力は、(WWEの)2日間見た人でも『すげえ』って迫力感じるような試合に出来ると思う。3日公演だと思って来いって言いたい。結果ミノルの試合のほうが面白かったってなれば」とWWE越えをを目指す。

 以前は”ビッグマウス”としてプロレスのマイク挑発さながらに、試合前もアピールしていた木村だが「アピールしなくていいんですよ。本当に出来る人はアピールが必要ない。行動で示すしかない。リングの上でいいパフォーマンスして、良い勝ち方して締められたらベストです」と、試合内容でアピールするという。

 アピールの仕方を変えた理由として旧K-1についてのこと聞かれることが多いのも理由の一つだという。

▶︎次ページは旧K-1から気付いたアピールの仕方を変えた理由

●編集部オススメ

・木村ミノルがダウン奪われるも逆転悶絶KO勝利、初防衛果たす

・木村ミノル「KO出来るヤツこそが一番」K-1を更なる高みへ

・豪腕対決は木村ミノルが鮮烈1ラウンドKO勝利

・【ラウンドガール】セクシー衣装の松嶋えいみ“神ボディ”を保つ秘訣は空手と有酸素運動

・元K-1ガール池田ゆり、最新DVDで「トレーニングで鍛えたお尻を見て」※1UP情報局

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連動画

関連記事

」をもっと見る



TOP > ニュース