TOP > ニュース

【シュートボクシング】初参戦の”RISEの激闘王”北井智大に、18歳・上田一哉が連敗脱出かけ挑む

2019/06/14(金)UP

“RISEの激闘王”北井智大がSB初参戦、18歳の上田一哉が迎撃

 6月23日(日)東京・後楽園ホールで開催される『SHOOT BOXING 2019 act.3』の追加対戦カードが発表された。

 RISEライト級2位・北井智大(27=チームドラゴン)がシュートボクシング初参戦。SB日本スーパーフェザー級1位・上田一哉(18=シーザージム新小岩)との対戦が決定した。

 北井はキック界のレジェンド・前田憲作氏が率いるチームドラゴン所属。K-1、Krushを主戦場とし、殴り合い上等の激闘を繰り広げてきた。

パンチの打ち合いを身上とする北井はSBのリングでも激闘を繰り広げるか

 17年3月よりRISEへ主戦場を移し、こちらでも激闘を連発。昨年5月にはRIZINへの出場も果たすなど、数々の戦場で存在感を強めている。

 対する上田は、SB浅草花やしき大会でキャリアを重ねてきた18歳。強烈な右ミドルとアグレッシブなファイトが持ち味のファイターだ。昨年9月のSB日本スーパーフェザー級王座決定戦で深田一樹(ファントム道場)に敗れ、念願のベルト獲得ならず。12月には花やしき大会で判定負け、今年4月にはレベルスとの対抗戦で現REBELS 60kg級王者・鈴木宙樹(クロスポイント吉祥寺)に3RにKO負けを喫したものの、「ミドルがめっちゃ痛かった」と言わしめた。

右ヒザをボディに決められKO負けした上田(左)、”激闘王”北井と戦い、再び這い上がることができるか。

 上田は3連敗中だが破壊力はある。上田が連敗を脱出し再びタイトル挑戦へ歩を進めるかにも注目される。

 また、68.5kg契約では村田義光(23=シーザージム)対鳥居剛(夕月堂本舗)の一戦が決定。元SB日本スーパーフェザー級王者・村田聖明の実弟である義光は、7戦のキャリアを持つ鳥居を相手に3連続KO勝ちを狙う。 

<決定対戦カード>
▼63.0kg契約 エキスパートクラス特別ルール 3分3R延長無制限R
上田一哉(シーザージム新小岩/SB日本スーパーフェザー級1位)
vs
北井智大(チームドラゴン/RISEライト級2位)

▼68.5kg契約 エキスパートクラス特別ルール 3分3R延長無制限R
村田義光(シーザージム)
vs
鳥居剛(夕月堂本舗)

●編集部オススメ

・北井智大が延長戦でダウン奪い打ち合い制す

・上田のタイトル挑戦は実らず深田に敗北

・ボクシング帰りの白鳥がダウン奪って北井に圧勝

・【ベラトール】RENAが計量パス、対戦相手を「胴体が太くて体幹強そう」と警戒

・人気グラドル桜りんら新ラウンドガールユニット「ライズ・フォース」始動

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連動画

関連記事

」をもっと見る



TOP > ニュース