TOP > ニュース

【グラジエーター】ラウェイで激突したウィル・チョープとルクク・ダリが舞台をMMAに移し再戦

2019/06/17(月)UP

GRACHANの刺客ルクク・ダリ(左)がウィル・チョープと対戦

 7月7日 (日)に大阪・堺市産業振興センターにて開催される『GLADIATOR 010 in OSAKA × 1MC』の対戦カードが発表された。

 MMA戦績52戦、各国のあらゆる団体出場を経てPXC、そして世界最高峰UFC、また国内でも修斗やパンクラスに参戦してきたウィル・チョープ(アメリカ)が登場。主戦場GRACHANより派遣されたルクク・ダリ(コンゴ)との対戦が決定した。ダリはGRACHANとグラジエーターが共同で新設したタイトル「GRAND」の初代ウェルター級王者。両者は5月17日のラウェイにて直接対決し、ダリが4R TKO勝ち。本大会で舞台をMMAに移し、チョープがリベンジを狙う。

今年5月のラウェイでダリはチョープにTKO勝ち、舞台を移しての再戦となる

 また韓国MMA団体『ROAD FC』より、実力派ファイターのキ・ウォンビン(韓国)がライト級のベルトを狙い参戦。ブラジルのキックボクシングイベント『FIGHT DRAGON』70Kg王者”ダニロの愛弟子”ヴィトー・トファネリ(ブラジル)と対戦する。

 ヘビー級ではGLADIATORヘビー級王者・大番C-BOY高明 (パラエストラ広島)の出場が決定。対戦相手にはTENKAICHIなどに出場、キック・MMAとルールを選ばず戦い続けるホネル・マツダ(TSGYM)が名乗りを上げた。

CAGE FORCE やパンクラスで活躍してきた一慶(右)の参戦が決定、対戦相手は調整中

 また大阪府警出身でCAGE FORCE やパンクラスで戦績を重ね、川村亮や佐藤光留とも対戦してきた一慶の初参戦の他、中川皓貴、大翔、天草ストロンガー四郎らの参戦が決定した。

 また、男性39歳前厄年以上、女性30歳以上の安全性を考慮したアマチュアキックボクシング大会『1MC』が大阪初上陸。本大会と二部制で開催されることが決定している。

・この大会の対戦カード、イベント情報はこちら

●編集部オススメ

・【ラウェイ】ダリがチョープを流血葬(記事下段)

・【グラチャン】ダリがレッツ豪太を退けGRAND王者に(記事下段)

・【パンクラス】一慶が大山峻護をKOで下す

・【グラチャン】K-1スタウロス、引退試合の闘士をローキック葬

・元JKGメンバーがパンクラスのラウンドガールで活躍中

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連記事

」をもっと見る



TOP > ニュース