TOP > ニュース 一覧

【RIZIN】川尻達也が7月大会の勝敗予想、勝利に挙げた選手とは(動画あり)

2019/06/19(水)UP

川尻は総合力に勝る石渡(左)の勝利を支持

 7月28日(日)、埼玉・さいたまスーパーアリーナにて開催される『RIZIN.17』の注目カード三試合について、第8代修斗世界ウェルター級王者・川尻達也(41=T-BLOOD)が、RIZINのYouTubeにて試合の展開と勝敗の予想を語った。

 元谷友貴(29=フリー/元DEEPフライ級/元DEEPバンタム級王者)vs扇久保博正(32=パラエストラ松戸/修斗世界フライ級王者)の対戦では、完成度の高い高レベルなMMAファイター同士であるため予想は困難としたが、接戦の末に扇久保の勝利を予想。

 石渡・佐々木と同様、榊原代表が「堀口恭司の首を狙うバンタム級四天王」と評する元谷と扇久保の対戦。どちらも穴がないファイターではあるが、唯一付け込む隙があるのが元谷のレスリング力であると川尻は指摘。その一点を扇久保が突破しテイクダウン後の展開で主導権を握れれば勝利のポイントになると予想してみせた。

2018年5月以来の勝利をもぎ取るため矢地(右)は勝利に徹することが出来るか

 次に、石渡伸太郎(34=CAVE/パンクラスバンタム級王者)vs佐々木憂流迦(29=Serra Longo Fight Team/元修斗環太平洋バンタム級王者)については、川尻はキーポイントを「コンディション」と予想。

 石渡は2017年12月のRIZINにおいて堀口恭司(28=アメリカン・トップチーム)に敗戦後、首のヘルニアによる体調不良のため戦線離脱。約1年半ぶりのリング復帰となる。対する佐々木も今年4月のRIZINを内臓疾患のため欠場していたため、いかに万全の状態でリングに上がれるかがカギと語った。その上で、もし両者のコンディションが万全なら、総合的なMMAファイターとして完成度の高い石渡の勝利を予想した。

扇久保(右)が元谷のレスリング力の穴を突くと予想

 最後にライト級の一戦、矢地祐介(29=KRAZY BEE/元修斗環太平洋フェザー級王者)vs朝倉未来(26=トライ フォース赤坂/元THE OUTSIDER二階級王者)の対戦について、予想は困難としながら、川尻は両者が共通して対戦したルイス・グスタボ(23=ブラジル)への対処を軸に展開を考察した。

 グスタボの打撃に対し、下がってしまい打ち込まれる隙を作ってしまった矢地に対し、しっかり対処できていた朝倉が打撃面では有利。しかしキャリアや経験、体格で勝る矢地がスタンドでの打ち合いに付き合わず、勝ちに徹して組み重視の展開に持ち込むならば矢地に軍配が上がるとした。今回の試合では、前回昨年12月に敗戦して以来の再起戦となる矢地にとっては勝ちが欲しい局面のため、矢地がグラウンド勝負に持ち込んだ上で勝利をもぎ取る展開になると予想した。

▼川尻達也によるRIZIN.17の勝敗予想動画

●編集部オススメ

・【ベラトール】堀口恭司が接戦の末、コールドウェルを下しバンタム級王座を獲得

・朝倉未来が前歯を折る激闘を制し、無敗のグスタボに勝利

・KO勝利の那須川天心、ダウン奪った左ミドルキック「あれは誰でも倒れる」

・RENAが動画アップ、ニューヨークでの浜崎との練習や母の言葉、そして「応援ありがとう」

・RIZINガールの川村那月『サンスポ レースクイーンAWARD』予選で暫定1位に

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連動画

関連記事

」をもっと見る



TOP > ニュース 一覧