TOP > ニュース

【KRUSH】ピケオー、”日本を代表して戦う”神保克哉に「関係ない。全てが一瞬で終わる」

2019/06/20(木)UP

鋭い強打を打ち込むピケオー

 6月21日(金)東京・後楽園ホールで開催される『K-1 KRUSH FIGHT.102』。K-1 KRUSH FIGHTスーパー・ウェルター級王座の5度目となる防衛戦を行う、王者ジョーダン・ピケオー(オランダ)が公開練習を行った。

 2分1Rの公開練習でパンチからヒザ蹴り、ミドル、ショートフックから左ボディとリズミカルなコンビネーションのミット打ちを披露したピケオー。

 挑戦者は神保克哉(22=K-1ジム目黒TEAM TIGER)だ。ピケオーは神保の印象を「何試合か試合を見たが、タフな選手という印象だ。彼が本当にガンガン出てくる試合をしてくれれば凄く良い試合になるんじゃないかな」と、近しい人たちのために戦うと語る。

鋼鉄のような足から放たれるミドルキック

 神保が日本を代表して戦うと発言していることについては「彼が日本を代表して戦おうが、世界を代表して戦おうが自分にとっては関係ない。自分自身は家族のため、(所属する)マイクスジムのために戦うよ」と、あくまで一個人としての戦いだと語る。

 神保が盛んに口にる“特攻”については「自分の命を顧みず突っ込んでいくことだと何かで読んだことがある」とピケオーも言葉の意味を認識しており「神保が特攻精神で向かって来ても、自分は“ピケオースピリット”で迎え撃つだけさ。自分はとても厳しい環境の中で育って、そこで培ったスピリットがある。そのスピリットで神保を迎え撃って、お互いに自分を顧みず戦う試合がどうなるか楽しみにしているよ」と自らの気持ちの強さ・ハングリー精神にも絶対の自信を見せた。

鮮やかな飛びヒザ蹴りで日菜太からダウンを奪うピケオー

「自分はウェルター級で久保優太と戦うことを約束をした。今目の前にある試合は神保との試合なので、神保と戦って、その次に久保とK-1のベルトをかけて試合をしたい」とKRUSHの防衛戦をクリアし、対戦を約束しあった久保とのK-1ウェルター級タイトルマッチを実現させたいと語る。

 そして「久保と今年中に戦えるのであればもちろん嬉しいし、戦えるのであれば自分がK-1チャンピオンになる」とK-1・KRUSHの両タイトルを保持すると宣言。最後にファンへ「必ずでかい花火を打ち上げるから絶対に瞬きをしないように。全てが一瞬で終わるので楽しみにしていてくれ」とメッセージ。
 ピケオーが特攻精神で挑む神保を返り討ちにし、K-1のベルトへ向けて邁進することになるのか。

【大会・チケット情報】 6・21 Krush実行委員会『K-1 KRUSH FIGHT.102』

●編集部オススメ

・ピケオーが木村ミノルを4度ダウンさせてKO勝ち

・神保克哉が日本人無敗のピケオーに特攻! 「大和魂を見せ付ける」

・期待の19歳美女ファイター恥じらいながら計量クリアー

・ラウンドガールに小島みゆ、松嶋えいみが新加入

・キックボクシング歴2年の広瀬すず、誕生日にパンチでロウソク消し21本に挑戦(動画あり)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連記事

」をもっと見る



TOP > ニュース