TOP > ニュース 一覧

那須川天心、”しくじり”で手に入れた真実は「負けをプラスにするのは自分次第」

2019/06/25(火)UP

那須川天心が”しくじり先生”として登壇、メイウェザー戦でのしくじりを明かした

 6月24日(月)の放送のテレビ朝日『しくじり先生 俺みたいになるな!』へ、RISE世界フェザー級王者・那須川天心(20=TARGET/Cygames)が出演。昨年大みそかに行われたプロボクシング世界5階級制覇王者フロイド・メイウェザー・Jr(41=アメリカ)との一戦の舞台裏でどんな”しくじり”をし、それによりどんな教訓を得たかを講義した。

 那須川は「世界一のボクサーメイウェザーを舐めていたらボコボコにされちゃった先生」として登壇。当時快進撃を続けていた那須川は、突然降って湧いたメイウェザーとの対戦オファーを軽い気持ちで承諾。メイウェザーの「ヤバさ」を知らなかった那須川は、当時の心境を「完全に舐めていた」と振り返り、この時の自身を「那須川”慢心”」と表現。後の大きな問題の原因となる精神状態にあったと語った。

モデル兼キックボクサーの高橋アリス(前列左)ら出演陣と那須川

 そんな自信過剰な状態にあった那須川を襲ったのは、メイウェザーの規格外なわがままさだったと振り返る。アメリカで行われた記者会見では90分遅刻の上、30分間の独演会。さらにアメフトの試合観戦のため、そそくさと立ち去るという横暴振りを見せられた那須川はあっけにとられ、「那須川”放心”」にされてしまったと苦い思い出を振り返った。

 試合ルールもメイウェザーが「キックしたら罰金5億円」と一方的に決定。さらに那須川が秘策として考えていたキックフェイントやスーパーマンパンチも「足を使ったフェイント・ジャンプをしたら罰金5億円」と封じられる始末。計量時には「すでに量った」と体重計に乗ることを拒否と勝手な行動を繰り返すメイウェザーに対し、「那須川”ご乱心”」といえるほど平常心を失ったことを明かした。

実は怖かった、体の大きなメイウェザーにパンチで攻める那須川(右)

 メイウェザーは試合当日も銀座で買い物をして大遅刻するマイペース振り。しかし那須川もある程度免疫がついていたため「那須川”無関心”」の心境で自分のペースを守るよう努めた。だがメイウェザーはさらに、準備が終わっていた那須川のバンデージに文句をつけ巻きなおしをさせ、ウォーミングアップをする間もなくリングに上げさせる横暴振りを発揮。完全にペースを崩し平常心を失った那須川は、当初予定していた3Rの作戦を全て忘れ、ゴングと共に怒りに任せ猛ラッシュ。ノーガードでヘラヘラと笑っていたメイウェザーの顔面にパンチをヒットさせた結果、目の色を変え本気を出したメイウェザーに、1Rで3度ダウンさせられる敗北を喫した。

本気になったメイウェザーに3度倒された那須川は当時の心境を「完全に舐めていた」と振り返る

 それまでの努力が無に帰し、涙が止まらないほど悔しかったという那須川だったが、その時の敗戦から学んだ教訓を「悔しい負けをプラスにするのかマイナスにするのかは自分次第」と語る。大好きなマンガの主人公たちは、敗北を知って強くなった。負けがあるからこそどんな人も強くなることを悟ったという那須川は、失敗をして落ち込んでいる人、新たな挑戦をしようとする人にこの言葉を贈った。

「なんとかなるさ」

 失敗した後にも成功あり。最後までやってきたことを信じていけば、必ず成功につながるという自らの信念をその言葉に込め、那須川は講義を締めくくった。

 AbemaTVでは、地上波放送終了直後から「地上波未公開完全版」を配信。TVで放映されなかったエピソードや未公開の裏話も含まれているため、TV放映を見逃した方はもちろん、一度楽しんだ方も見直してみるとよいだろう。

▶︎『しくじり先生 俺みたいになるな!!』地上波未公開完全版  ※無料
Abemaビデオ配信日:6月25日(火)~7月1日(月)まで

▶︎那須川vsメイウェザーの試合レポート・写真はこちら

●編集部オススメ

・メイウェザーが那須川を初回TKO、3度ダウンを奪う

・那須川天心が亀田興毅を圧倒、亀田は意地でダウン許さず(動画あり)

・那須川天心「いずれボクシングに行くかもしれない可能性もある」

・那須川天心、準決勝スアキム戦は「今なら倒せる」

・グラマーRIZINガール・川村那月の夢は格闘家!? トレーナー「センスあり」

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

新着情報




TOP > ニュース 一覧