TOP > ニュース

【レベルス】無敗の倒し屋・鈴木宙樹が元WBC王者琢磨と対戦決定

2019/07/04(木)UP

無敗の王者・鈴木(右)が12連勝を懸けて元WBC王者琢磨を迎撃

 8月10日(土)東京・後楽園ホールにて開催される『REBELS.62』において、REBELS 60kg王者・鈴木宙樹(22=クロスポイント吉祥寺) vs 琢磨(26=東京町田金子ジム)の対戦が決定した。

 鈴木は今年6月、10戦全勝(7KO)のパーフェクトレコードを引っ提げREBELS 60kg王座決定戦に出場。WBCムエタイ日本統一スーパーフェザー級王者・葵拳士郎(マイウェイジム)と対戦し、フルマークの判定勝利を収め、自身初のタイトルを手にした。伸びのある天性のパンチに加え、元ボクシング日本二階級制覇王者・高橋ナオト氏より伝授されたテクニックを武器に、今やREBELSきっての倒し屋として活躍を見せている。

脊髄損傷から復帰した琢磨、若きREBELS王者を下し連敗脱出を狙う

 対する琢磨は、パンチを武器にNJKFを主戦場として戦う元WBCムエタイ日本王者。脊髄損傷の大怪我からカムバックし、2017年2月にNJKFフェザー級王座、同年11月にWBCムエタイスーパーフェザー級王座を獲得した。今年2月のWBCムエタイ初防衛戦で葵拳士郎に敗北、また6月には駿太(谷山ジム)に左フック一撃でKO負けし2連敗を喫しているが、その闘志に陰りはない。

 琢磨が敗北した葵に勝利した鈴木、さらに鈴木は無敗の王者。これだけ聞くと鈴木が有利かと思われるが、必ずしもそうならないのがキックボクシングだ。琢磨が老獪なテクニックで無敗の王者を翻弄するのか、鈴木が倒し屋の本領を発揮し圧倒的なKO劇を見せるのか、注目の一戦だ。

鈴木はREBELSの次世代エースとしてベテランをKOなるか

 また、本大会に予定されていた新田宗一朗(クロスポイント吉祥寺) vs 神田賢吾(WSRフェアテックス幕張)の一戦は、一週間後の8月18日(日)に開催される『K.O CLIMAX 2019 SUMMER KICK FEVER』で行われることが発表されている。

<決定対戦カード>
▼60kg級 3分3回戦(延長あり) REBELSルール
鈴木宙樹(クロスポイント吉祥寺)/REBELS 60kg級王者)
vs
琢磨(東京町田金子ジム)/元WBCムエタイ日本統一スーパーフェザー級王者)

●編集部オススメ

・鈴木宙樹が無敗のまま戴冠、WBC日本王者・葵に勝利

・琢磨が善戦するも駿太に2RKO負け(記事上段)

・試合前SNSにおもしろ動画をアップするキックボクサーが話題に

・美女キックボクサー ぱんちゃん璃奈が計量クリア、経験上回るシウに下克上宣言

・新ラウンドガールはauレースクイーン=6.9後楽園大会

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連動画

関連記事

」をもっと見る



TOP > ニュース