TOP > 試合結果 一覧

【ビッグバン】駿太が圧巻の左フック一撃で防衛に成功

2019/06/07(金)UP

ビッグバンプロモーション
「ビッグバン・統一への道 其の36」
2019年6月7日(金)東京・後楽園ホール

▼第14試合 メインイベント2 Bigbangスーパーフェザー級タイトルマッチ ビッグバンキックルール 3分5R
○駿太(谷山ジム/Bigbangスーパーフェザー級王者)
KO 2R 2分33秒 ※左フック
●琢磨(東京町田金子ジム/前WBCムエタイ日本スーパーフェザー級王者)
※駿太が2度目の防衛に成功

※この試合の動画(ノーカット)はこちら

序盤は、相手の距離感に苦しんだ駿太(左)

 駿太はこれまで59戦の戦績を持つベテラン。昨年は4戦し全勝。9月の『KNOCK OUT』ではNKBフェザー級王者・髙橋聖人を撃破し、トップクラスの実力を証明した。今年3月のBigbangでは新人(あらと/E.S.G)に惜しくも2-0で判定負けを喫したが、その実力に陰りはない。今回が再起戦となる。

 対する琢磨は、パンチを武器にNJKFを主戦場に活躍。脊髄損傷の大怪我からカムバックし、2017年2月にNJKFフェザー級王座、同年11月にはWBCムエタイスーパーフェザー級王座を獲得した。2019年2月のWBCムエタイタイトル初防衛戦において葵拳士郎(マイウェイジム)に判定負けを喫しタイトルを失い、こちらも今回が再起戦となる。

圧巻のKO勝利を収めた

 1R、琢磨がガードを固めて前進、プレッシャーをかけてワンツーをヒットさせると、駿太は、下がりつつもサウスポーに上手くスイッチしながら、被せる右のクロスをヒットさせ、組んでからのヒザ蹴りや右ヒジを狙う。終盤は組む展開となり、琢磨が離れ際に右フックと当てると駿太が組んでの右ヒザを返した。

 2R、琢磨が1Rよりさらに圧力を強めると、駿太はなかなか距離設定できずワンツーを被弾してしまう。しかし、駿太は琢磨の左ジャブからの右フックに、左フックを丁寧に合わせてクリーンヒット。これに琢磨が仰向けに倒れこみダウン。そのまま全く動くこと出来なくなったためレフリーが試合を止めた。駿太が王者の意地を見せてKO勝利し防衛に成功した。

 KO勝利でベルト防衛を果たした駿太は「琢磨選手と試合して、2Rでたまたま一発当たって倒せてよかったです。勝てたのは自分を信じてやったことが結果に繋がったからだと思います。今回37歳になって初めての試合ということで結果を残すことができてよかったです。37歳ですが、まだまだリングで戦わせて下さい。これからも応援よろしくお願いします」とファンにメッセージを送った。

※この試合の動画(ノーカット)はこちら

 ▶︎次ページは愛鷹亮が一撃で37秒KO勝利

●編集部オススメ

・駿太が琢磨とタイトルマッチ、ヘビー級王者・愛鷹亮が出場決定

・“和製ムエタイ”大田原友亮、ヒジなし3R戦に向け大技練習中

・K-1やレベルスなど様々な団体から参戦、メインはヘビー級対決

・駿太と村越がヒジありルールで激突、K-1ファイターのエキシも

・セクシー衣装の元K-1ガールズ松嶋えいみ“神ボディ”を保つ秘訣は空手と有酸素運動

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連動画

関連記事

」をもっと見る



【関連リンク】

TOP > 試合結果 一覧