TOP > ニュース

【RIZIN】8月メインに堀口恭司vs朝倉海が決定、力不足の声にも朝倉「結果で見せる」

2019/07/08(月)UP

8月大会のメインで堀口恭司vs朝倉海の対戦が決定した

 7月28日(日)埼玉・さいたまスーパーアリーナで開催される『RIZIN.17』および、8月18日(日)愛知・ドルフィンズアリーナで開催される『RIZIN.18』に出場する選手の公開記者会見が、8日(月)都内にて行われた。

 8月の名古屋大会に参戦が表明されていた堀口恭司(28=アメリカン・トップチーム)の対戦相手が発表。現在RIZINで4連勝中と波に乗る朝倉海(25=トライフォース赤坂)が大抜擢された。

8月大会の参戦を発表していた堀口の相手が朝倉海に決定

 この対戦カードの決定について、榊原代表は「ベラトールとRIZINの二冠のベルトを巻いている堀口が、今のタイミングで戦わせたら世界一になるんじゃないかというタイミングで大きな大会をやりたい」と、現在世界中のプロモーターと交渉していることを明かした。その上で「今の堀口に一番リスクをもって、負けたくないといって戦えるのは朝倉海」と自信をもって送り出すことを宣言した。

 二冠王となった堀口との対戦が決まったことについて、朝倉はまず「対戦が決まって光栄」と二冠王者へ敬意を表した。今回の発表の前、朝倉は自身のSNSで堀口への挑戦表明を行ったところ、ファンからの反応の中には「お前じゃまだ早い」「お前じゃ勝てない」という声が少なくなかったことを明かした。

朝倉は世界トップと戦えるビッグチャンスに「勝てるチャンスもある」

 朝倉自身も現在の実績を比較したら「いわれても仕方ない」と飲み込む部分もあったが、RIZIN参戦は「チャンピオンになることを目標にしてきたし、世界トップになるためにやってきた」と初心で抱いた目標を告白。その目標への実現に近づくために「世界トップの選手とやるチャンスがあるなら、迷わずやらせてください」と対戦オファーを快諾したことを明かした。

 堀口の強さは十分知っているという朝倉は、それを踏まえても「勝てるチャンスもある」と豪語。地元愛知での開催のため、大勢の応援団がくるといい、「応援団の前で負けるわけにはいかない」と、これまで支えてきてくれた人々に恩返しをするためにも勝利を目指すことを改めて誓った。

「思うところもあると思うけど、結果で見せたい」とジャイアントキリングを目指す朝倉海

 本会見のYouTubeライブ配信においても、対堀口は厳しいのではというコメントが上がった。それらを含め、「思うところもあると思うけど、結果で見せたいと思います」と、世界トップクラスの男を相手にしたジャイアントキリングの実現を宣言した。

☆8.18 RIZIN 対戦カード、イベント情報はこちら

●編集部オススメ

・堀口恭司が8月大会に参戦決定「戦いたい選手は名乗りをあげて」堀口

・朝倉海が打撃戦でケイプを破る大金星

・堀口恭司が接戦の末、コールドウェルを下しバンタム級王座を獲得

・KINGレイナ1年ぶり参戦、スイス発“腹筋6パック女”と対戦

・日韓女王対決に貪欲に宣言「ハム・ソヒに勝って彼氏募集します」

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連動画

関連記事

」をもっと見る



TOP > ニュース