TOP > ニュース

【RISE】那須川天心が語る、多忙の中でモチベーションを保つ秘訣

2019/07/10(水)UP

連戦でも潰れない秘訣は…?

 那須川天心(TARGET/Cygames/RISE世界フェザー級王者)が多忙を極めている。

 ここ最近の那須川は3月10日の「RISE WORLD SERIES 1st Round」、4月21日の「RIZIN.15」、6月2日の「RIZIN.16」に出場、いずれもKOで勝利を飾っている。
 さらには合間の5月18日にAbemaTV企画『那須川天心にボクシングで勝ったら1000万円』で元WBA世界王者らと対戦を行い、6月22日には同企画にて亀田興毅と対決した。

 現在月イチ以上の試合を行っているが、7月21日(日)には『RISE WORLD SERIES 2019 Semi Final Round in OSAKA』(エディオンアリーナ大阪)で-58kg級・準決勝戦に出場する。

 公開練習を行った後、那須川にモチベーションやコンディションを保てる秘訣を聞くと「そういうのが当たり前になってるというか、正直不安も何もないです。変に楽観的で」と肩の力の抜けた様子。「”なんとかなる”という言葉がすごい好きで、本当になんとでもなると思っているし、世界を変えられると思っています」と語る。

観ていても元気になる那須川の試合。画像は得意のトリケラトプス拳

 さらに「物事を深く捉えない。”これがあるからどうしよう”じゃなくて”これやって次やって、どんどんやっていこう”」という姿勢だという。

「まだ20歳なんで、今しかこういう(試合の連続)こと出来ないと思いますし。格闘技を広めるために、どんどんやっていくと話題が尽きないじゃないですか。どんどんバズらせるのにもいい。たとえば半年、もしくは3,4ヶ月に一回だったらその時しか話題にならない」と、あえて連戦している部分もある。

 最後に「自分自身もすごく元気ですし、働かせ過ぎと言われるけどそんなことはない。毎日楽しい、それがモチベーションを保てる秘訣ですね」と教えてくれた。

 試合も間隔をあまり開けないほうがモチベーションが保てるのだろう。毎日楽しいという練習と試合の日々が那須川をさらに強くさせている。今回のインタビューでは標的を捉えるパンチの精度も上がっていると答えた那須川、昨年2月のルンピニー王者スアキム(タイ)戦は判定での勝利となったが、今月21日のスアキムとの再戦の内容にも注目したい。

▶7.21 RISE大阪大会の全対戦カード順、イベント日程はこちら

●編集部オススメ

・那須川天心vsスアキムの前回の試合(動画あり)=18年2月

・那須川天心の入場シーン動画&試合あり、亀田興毅戦

・今回のスアキム戦に向け=那須川天心、パンチの精度がよりアップ「スアキムを失神させる」

・”働きすぎ”の那須川天心、準決勝・スアキム戦でもKO勝利狙う「格闘技を広めるのが仕事」

・【ラウンドガール】人気グラドル犬童美乃梨、美ボディコンテスト「サマー・スタイル・アワード」2冠達成

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連動画

関連記事

」をもっと見る



TOP > ニュース